愛知県7歳女児重体の原因は虐待か?その後どうなったの?母親の不自然な証言が怪しいとネットで話題

7月25日、愛知県美浜町で小学2年生の7歳女児が自宅で頭から血を流して倒れているのが見つかった。女児の本名は戸田心海ちゃんで現在も意識不明の重体。

 

一家は父親・母親と心海ちゃんの3人暮らし、事故は父親・母親ともにでかけている数時間の間におきてしまった。

 

母親の証言によると、心海ちゃんは「椅子から転倒した」とのこと。

ただこの証言をしたことで母親への疑惑が浮上。「自宅を留守にしていたのに、何故椅子から転落したとわかるのか?」「どう考えても母親が怪しい!」とネット上でも議論が巻き起こっています。

 

また実際、椅子から転落したときに負ったとは考えにくい傷・あざも確認されており、ますます母親への疑惑が強まっています。

 

戸田心海ちゃん事件概要

 

ここでこの事件の概要を。

  • 2019年7月25日、戸田心海ちゃんが自宅で頭から血を流し意識不明の重体で見つかる
  • 当時、父親・母親ともに外出中
  • 第一発見者は戸田心海ちゃんの母親
  • 母親は「椅子から転落」と証言
  • 心海ちゃんには頭部の骨折やクモ膜下出血、打撲やすり傷も見つかっている
  • 警察は「殺人未遂事件」として捜査本部を設置

 

戸田心海ちゃん母親(父親)の虐待疑惑

 

 

事件当時、父親は仕事へ。母親は小学2年生の心海ちゃんを一人自宅に置いて外出していたとのこと。

まず、この時点でひとつ疑惑。昼間とは言え、まだ小学校低学年の一人っ子を留守番させて出かけるものなのか、それも数分でもなく4時間も外出していたという。(この証言も信憑性は定かではない)

 

 

また、心海ちゃんは頭部を骨折、クモ膜下出血もしており、複数の打族やあざも見つかっている。

 

このことから事件発覚当初は強盗事件の可能性も疑われていたが、事件現場の部屋の中は荒らされた様子もなく、何か盗まれた形跡もないとのこと。

それに心海ちゃんの衣服の乱れはなかったとのことで、わいせつ目的で第三者が侵入した可能性も低い。

 

以上の状況から疑われるのは当然母親また母親。顔以外の打撲やあざは過去の虐待事件でもよく見られた症例で、虐待を犯す親は暴力を振るう際、目立たないところを殴打する傾向にあるとのこと。

 

また外出から戻った時点で心海ちゃんを発見したのに椅子から転倒したと決めつけているのは、素人の我々が考えても明らかに不自然である。

 

戸田心海ちゃん事件が起きた自宅住所は?

 

戸田心海ちゃん自宅重傷は報道にあったとおり、

「愛知県知多郡美浜町大字奥田石畑4-2」

戸田心海ちゃん殺人未遂事件容疑者は母親か?父親か?

 

なお近所に住む方の証言によると

  • 心美ちゃんは父親と仲良く遊んでいるのをよく見かけた
  • 近所でよく遊んでいた

とのことです。

 

父親がかなり心美ちゃんを可愛がっていたのはご近所の方も、ご存知の様子。父親も心美ちゃんの傷やあざには気付けた可能性も高いが…

ただ心美ちゃんの体に残っていた傷やあざも、いつ頃つけられたものかはまだ発表されておらず。事件当日にだけ、つけられた可能性もある。

捜査の進展と、そして何より心美ちゃんの回復を願うばかりである。

 

愛知県7歳女児(戸田心海)重体はフェイクニュースなのか?

 

※8月25日追記

また一部でこの愛知県女児重体のニュースがフェイクニュースではないか?あとの見方もある。

 

 

真相の程は定かではないが、事故(事件?)から1ヶ月経った現在も、この愛知県美浜町女児重体の事案について、あまりに情報が出てこなさ過ぎる。もっぱら「怪しい」と噂される母親の取り調べの内容も全く出てこないし、メディアでの取り扱いもあまりに皆無…

 

「これはもしや本当にフェイクニュースの線も?」と思ってしまうことも確か。

 

戸田心海ちゃん事件について世間の声は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。