渡辺邦夫アホ市長、暴行の原因は食い逃げ・無銭飲食か?被害女性が追いかけて返り討ちに!

8月7日未明、広島市の飲食店で従業員の女性を殴ったとして埼玉県幸手市の渡辺邦夫市長が暴行容疑で現行犯逮捕されました。夕方以降、少しずつ事件の詳細が明らかになってきています。

 

 

埼玉県幸手市長の渡辺邦夫容疑者(62)は8月6日、広島で開かれていた平和式典に参加、その夜午前2時半ごろ、広島市中区のビルで飲食店員の女性(20)の顔面を数回殴った暴行の疑いが持たれています。

警察の発表で渡辺容疑者は現場となった飲食店に1人で来店、当時店内には店員の女性と2人だけだったということは判っています。また、渡辺容疑者と被害女性の間には面識はなく、渡辺容疑者は事件当時、泥酔状態になるほど酒を飲んでいたということです。

警察の取り調べに対して渡辺容疑者は「全く身に覚えがありません。なぜこのようなことになったか理解できません」と供述しているということ。もし本当に覚えていないのだとしたら、かなりの酩酊状態であったと思われる。

 

渡辺容疑者は幸手市の市議会議員を経て2011年に幸手市長に初当選し、現在は2期目。

渡辺邦夫容疑者については、以前にも渡航申請書を出さずにタイに行っていたことが判明し議会で問題となっていた。そのあと今回のトラブルとなった。

 

なお最新の情報では、事件関係者(おそらく今回の被害女性)の証言で、渡辺容疑者が泥酔状態となり、お金を払わずに店を出たため女性従業員が追いかけたところトラブル(暴行事件)に遭った、と証言しているということです。

 

深夜まで酒を飲んで、泥酔して、お金を払わずに逆ギレして殴る。反社会組織ですか?このアホ市長。市長だからとかではなくて、人としての資質を疑いますよね。

 

渡辺邦夫市長の暴行事件に対するみんなの反応


こんな輩には二度と政治の世界にクビを突っ込んでほしくあいませんよね。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。