常磐自動車道BMWあおり&殴る【まとめ・最新情報・時系列】日本の敵!クソ犯人は早く自首せーよ!!

常磐自動車道あおり運転まとめ

2019年8月10日に発生した、常磐自動車道における、SUVタイプの白BMWによるあおり運転、そして車の窓越しに被害者運転手を5発殴るという前代未聞の凶悪事件。

この事件について情報がかなり多くなってきましたので、こちらの記事にまとめておきたいと思います。なお、こちらの記事は随時更新していく予定です。

 

また現状、いくつかの未確定情報もありますので、その未確定情報につきましては記事の後半にまとめてあります。

 

常磐自動車道あおり運転、時系列まとめ

2019年7月20日 BMW男がディーラーで車を借りる

 

BMW男が神奈川県内のディーラーにて、自分所有の車(車種は不明)を修理に出す。そして、その修理に伴う代車として、今回の犯行に使われたSUVタイプの白い「BMW(X-5)」の試乗車を3日間の約束で借りる。

なおこのBMW X-5のナンバープレートは「横浜304 ゆ 49-29」であることも判っている。

 

 

2019年7月23日以降? BMW男は代車を返却せず

 

BMW男は「この車が気に入った。購入を検討している」などと言って、返却期限を過ぎても代車を返却しない。

 

2019年7月23日 愛知県や静岡県でもあおり運転か?

 

愛知県・静岡県でも今回の常磐自動車道のあおり運転と同じ車種、同じナンバープレートのBMW X-5によるあおり運転・危険運転があった。この時の運転手も、今回の常磐自動車道の犯人と同一人物である可能性が極めて高い。(危険運転の度合いや幼稚なハザードランプ点滅など、やり方が酷似している)

 

 

2019年8月10日 午前6時過ぎ 常磐自動車道あおり運転・暴行事件発生

 

今回の常磐自動車道における「あおり運転・危険運転・暴行事件」が発生。(事件の報道があったのは12日になってから)

 

 

あおり運転(BMWが後方時)の映像は残っていないが、被害者車両を追い越してからの「蛇行運転」「急ブレーキ」「謎のハザードランプ点滅」といった危険運転・無謀運転は見るに堪えない。

また窓を開け『降りてこい』『殺すぞ』などと叫ぶシーンも。

 

そして最終的には、走行車線にBMWを停車させ「運転手を窓越しに5発殴る」という暴行にいたる。

 

またこの時、助手席に乗っていた通称「ガラケー女」がガラケーで被害者の方を撮影する場面も見られた。なお、このガラケー女はBMW男が5発殴っている間に、被害者車両の後部座席を開けようとしていたことも判っている。(ガラケー女のモザイクなし画像はこちら、『ビビット』放送事故)

 

 

この時の様子を、被害者男性は次のように語っている。

「殴られている時に、女は後部座席の方に回って自分の車のドアを開けようとしていたので、この人達は自分達のことを殺すつもりで来ているのだなと思いました。」

…とんでもない恐怖を感じられたことだろう。もちろん被害届は出すとのことです。

 

2019年8月11日 代理人によってディーラーにBMWが返却される

 

BMW男の代理人を名乗る別の男性が代車のBMW X-5をディーラーに返却に訪れる。この代理人は「BMW男の会社の従業員」だと名乗っていたという。

なお、BMWはおよそ20日間で2000kmほどの走行距離があったことも判っている。

 

 

2019年8月15日 警察が犯行に使われたBMWを押収

 

予てから報道があったように、警察は車のナンバーから「BMW X-5」が神奈川県内のディーラーから県外の男性に貸し出されたことを特定し15日の16:00時前にこの車を押収。また、このディーラーからBMW男のデータも受け取ったとのこと。

 

押収された車の後部には、茨城県であおり運転をした際にできたとみられる傷が残されていた。

 

 

2019年8月16日 警察がBMW男(40代)の逮捕状請求へ

 

警察は、ディーラーから寄せられた情報と被害者のドライブレコーダーの映像から、ディーラーで「BMW X-5」を借りた人物と、あおり運転をした人物が同一人物であると断定。逮捕状請求を請求した。

またこの時点で、BMW男の年齢が40代であることも判明。

 

 

 

 


 

今の所確定している情報は以上になります。あとは犯人の「クソBMW男」「クソガラケー女」が逮捕されることを待つばかりです。

 

常磐自動車道BMWあおり&殴る事件 未確定情報

 

常磐自動車道あおり運転&暴行のBMW男の名前について、一部ネット上で「金村竜一」という名前が挙がっています。

 

 

またこの金村竜一について「韓国人だろ」という噂も飛び交っていますが、この情報のそもそもの発信源は「2ch」になります。

つまり便所の落書きと同じですので、全く信憑性がありません。かと言って「100%デマ」ということも言えませんので、未確定情報とさせていただきます。

 

常磐自動車道あおり運転BMW男の息子と名乗る人物

 

2019年8月13日になって加害者の家族(息子)を名乗る人物がキモい顔出しでYouTubeに動画をアップしています。

 

1分35秒あたりからの謎の主張がクソウザい!

 

「悠チャンネル 新」というチャンネル名から、もしこの男が本物の常磐自動車道あおり運転加害者の息子であれば、名前に「悠」の文字が含まれる可能性が高いが、今のところ、この男の本名は明らかになっていません。

 

男性は動画の中で

「常磐道で煽り運転されて暴行したのは僕のお父さんで、殴られた被害者が悪い」

と意味不明な主張を繰り返しています。

 

なんですが、この「自称息子」についてはほぼほぼ炎上商法の嘘っぱちで間違いないかと思います。というのもこの息子アピールの動画が投稿されたのが13日。そしてこの時点で、「悠チャンネル 新」には、ご覧の動画を含め3本の動画がアップされていました。

 

そしてその内容(動画タイトル)というのが

  • 12日アップ「神宮外苑の花火大会で花火が破裂し、怪我した事は自業自得で祭りを選んだ貴方が悪い」
  • 同日12日にアップ「コミケ96来場者の方が熱中症になって倒れたのは、自己管理が悪い」

といった明らかに炎上目的と思われるものでした。

 

常磐自動車道の事件の前日に炎上動画を2本アップしている人物が、BMW男の息子だと主張し、またもや炎上するような内容の動画を出す…

これはもう「息子」という主張は99%フェイクでしょう。明らかな炎上商法・便乗商法だと思います。

(※2019年8月16日時点で、あおり運転の犯人に逮捕状が請求され、BMW男の年齢が40代であることも判明しました。この悠チャンネルの見た目年齢からしても、父親が40代であるというのは、ちょっと無理があるのではないでしょうか?養子縁組ならあり得ますが…)

 

ちなみに15日時点でこの動画は圧倒的低評価を得ている。

 

高評価68:低評価8100

 

見ての通り、私も低評価を押しておいたのは言うまでもありません。

 


 

現状、出てきている情報は以上になります。また個別の記事へは以下からどうぞ。

 

よろしければ、また下のSNSボタンで拡散をお願いいたします。

 

事件の発端

常磐自動車道の「あおり&殴る」BMW・SUVの運転手がコワすぎる!【動画あり】名前と顔画像早く晒せよ!

2019年8月12日

 

ガラケー女のモザイクかけ忘れ

常磐自動車道の「あおり&殴る」BMW・SUVのガラケー女がクソうざい!【動画あり】この男にしてこの女あり!

2019年8月12日

 

加害者の息子を名乗る男性

「新悠チャンネル」って炎上商法?進藤遼佑くんの父親だと名乗るいつもの人が登場

2019年8月13日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。