埼玉県で高校生と中学生がエアガンで撃たれる…東名あおり運転エアガン乱射事件との関係は?

2019年9月10日午後8時頃、埼玉県川口市と同さいたま市の路上で、帰宅途中の高校生と中学生が相次いでエアガンで撃たれるという事件がありました。エアガンは走行中の車から撃たれています。この件について警察は連続暴行事件として捜査しています。

 

 

一件目の事件が発生したのがの午後8時前、埼玉県川口市の路上で自転車で帰宅中の17歳の男子高校生2人が後方から走行してきた白い車から放たれたエアガンの弾で複数回に渡り撃たれました。

 

またその後、午後8時30分頃、川口市から約5キロ離れた埼玉県さいたま市の路上で、立ち話をしていた14歳の中学生2人がこちらも車からエアガンで撃たれました。

 

なお、エアガンで撃たれた高校生2名と中学生2人は肌が赤く腫れたものの、大きなケガはなかったとのこと。

 

警察の発表によりますと、エアガンを撃って逃走する車から笑い声が聞こえたということです。また川口市・さいたま市、それぞれの現場からは白いエアガンの弾が3発ずつ見つかっています。

 

以上の内容から警察は同一犯による連続暴行事件として捜査しています。

 

東名高速道路あおり運転&エアガン乱射との関連は?

 

なお、今回の犯行に使用された車は目撃情報から「白い車」とのこと。9月8日に東名高速道路で発生したあおり運転・エアガン乱射事件で使用された車は黒のヴェルファイアでした。

 

 

使用された車は違いますので、今回の事件との関係性は低いと思われますが、東名高速道路の事件を模範にしての愉快犯的な犯行である可能性も考えられます。それに、車こそ違えど、運転手が同一人物である可能性も捨てきれません。

 

東名高速 あおり運転&エアガン乱射は盗難車で犯人は助手席の女を捨てて逃亡!

2019年9月10日

 

いずれにしましても、変な輩が増えてきて困ります。

 

 埼玉県高校生と中学生が白い車からエアガンで撃たれる事件 みんなの反応