ゆうちょ銀行で不適切投信が1万9千件!高齢者に販売するなど社内規定違反を黙認か?

2019年9月12日、ゆうちょ銀行において70歳以上の高齢者に販売する投資信託で、健康状態や商品の理解度を確認する社内規定に違反した不適切な契約が約19000件にも上ることが判明。

ゆうちょ銀行直営233店のうち9割もの営業所で約17000件の不適切販売があったことが6月に表面化していたが、販売を委託する郵便局での扱いも調べた結果、同様の事例が更に約2千件見つかった。

ゆうちょ銀は9月13日に記者会見を開き、今回発覚した不適切販売の詳細を発表する予定としている。同じ日本郵政グループであるかんぽ生命保険でも不正販売が行われており、ゆうちょ銀は郵便局での投信販売を自粛しているが、グループ全体への信頼はさらに崩れかねない事態だ。

 

ゆうちょ銀行で不適切投信が1万9千件!高齢者に販売 みんなの反応

 

詐欺まがいですな
警察が捜査するべきではないでしょうか
被害届けがないと捜査はしないのか
高齢者を狙い打ちでしょ可哀想だ

 

保険商品の不適切販売は、ゆうちょ銀に限らず他銀行でも行われていると推察されます。
銀行や信金等の金融機関の上層部が保険商品のノルマを課す大きな理由として、保険会社からの手数料収入が挙げられます。
特に、比較的リスクのある外貨建保険は良い手数料収入となります。
金融機関は従来の融資による利鞘が年々縮小しており、そのくせ従業員数は据置となっております。
ゆえに融資利鞘以外に収入源が必要なのです。

しかしながら、付け焼き刃的な知識の営業ばかりな為、後から問題が発覚するケースが増えてきてます。

有名な金融機関だから安心してはいけません。
気をつけましょう。

 

社内規定違反までして契約を取らせるって・・・
トップは刑事責任でしょこれは

 

膿しか出ないですね。
まじで笑えないですよ。
ここまで不祥事が明るみに出たら、存続すら難しいはずですが
そこは天下のかんぽですね。
詐欺も許されてしまうのかな…ってか、億り愛プロなんかとも繋がっていそうで怪しい

 

詐欺集団と思われてしまいますね。
職員全員が規定違反をしていたわけではないと思いますが、あまりにも件数が多いので組織全体の問題だと言われかねない。

 

高齢の祖母が契約者貸付まで受けさせられて二重契約になっていたが、コールセンターは案内を送るからそれで対応しろの一点張り。
民間保険会社ではコンプライアンス意識がここ10年で高まっており、同様の案件が起きたならば即座に事実確認するレベルのことなのにかんぽ生命はあまりにずさん。
親族に生命保険会社勤務の人間がいて、祖母をバックアップしているから調査依頼をしたり戦えている。
しかし、自分自身が被害にあっていることを明確に訴えれない方もいることを思うとそこに問題を感じる。
泣き寝入りする人が確実にいるはず、お客様に書類を送るなど責任放棄だと思う。お客様の声に耳を傾けることはもちろん、営業担当者も悪いことは自白してほしい。ここで隠蔽したまま営業再開なとあってはならない。改めて根っこから変えなくてはいけないならかんぽ生命全体に真実を告白してもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。