2019年9月13日船橋市印内町の県道で事故、トレーラーにはねられ女の子が死亡

2019年9月13日千葉県船橋市で13日、道路を横断しようとした女の子がトレーラーにはねられて死亡する事故がありました。

 

2019年9月13日午後6時過ぎ、船橋市印内町の県道を歩いて渡ろうとした女の子が左から走ってきた全長17メートルの大型トレーラーにはねられました。

警察の発表によりますと、トレーラーはねられたのは千葉県市川市に住む5歳の女の子、病院に搬送されまいしたが、間もなく死亡が確認されました。

 

 

警察はトレーラーを運転していた東京・江戸川区の丸山幸弘容疑者(51)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、今後、容疑を過失運転致死に切り替えて調べることにしています。

 

船橋市印内町トレーラー事故の原因は

 

現場は緩やかなカーブで横断歩道がなく、女の子は一緒にいた親戚から離れて渡ろうとしてはねられたということです。

トレーラーの運転手を一方的に責めることもできないだろう。なんとも後味の悪い事故である。

 

トレーラー事故のあった船橋市印内町

 

 

 

船橋市印内町トレーラー事故 みんなの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。