9月15日福山市柳津町事故、女子中学生一人と運転手の男性が死亡、3人がケガ

9月15日福山市柳津町事故

9月15日午前1時10分ごろ、広島県福山市柳津町の県道交差点で、福山市神辺町に住む解体作業員の松田海馬さん(20)の運転する乗用車が交差点を曲がりきれずにガードレールを突き破り、民家に突っ込んだ。

 

 

 

この事故で車を運転していた松田海馬さんと、同乗していた福山市内の中学校に通う福山市沼隈町在住の「前田ななみさん(14歳・中学3年生)」の死亡が確認された。また車に同乗していた、男性(19)ひとりが重体となった。他にも19歳と20歳の男性が重軽傷を負った。

 

車が突っ込んだ民家には2人がいたが、けがはなかった。事故のあと、車を撤去する際に柱などが壊れ2階建ての民家は倒壊したということです。

 

福山西署の発表によると、車には男性4人と女子中学生の前田みなみさん、合わせて5人が乗っていたということ。

 

事故現場は信号がある見通しの良い五差路で、県道を北進してきた車が、対向車線を越えて道路右側で交差点脇の住宅にぶつかった。同署はカーブを曲がりきれなかった可能性があるとみて捜査を進めている。

 

9月15日の福山市事故現場は柳津町の「新池五差路交差点」

 

 

事故現場となったのは、柳津町の新池五差路交差点。メインの道路が直角には交わらない、少し変則的な交差点ではあるが、決して見通しが悪いということはないように感じる。

 

9月15日福山市柳津町、事故車両がひどい状態に…

 

9月15日福山市柳津町事故

 

事故車両はボンネットが損失し、窓ガラスも全て損傷。原型を留めておらず、車種が判別できないほど無残な状態になっていた。これでは前座席の2人の命はないだろう。

 

女子中学生の前田ななみさんは助手席に乗っていたのかもしれない。

 

9月15日福山市柳津町事故の原因は?

 

警察の発表では「カーブを曲がりきれなかったこと」が事故の原因とされています。このカーブを曲がりきれなかった原因としては脇見運転や無謀運転、飲酒運転、5人で車内でふざけていて運転手が操作ミスをした…などの可能性が考えられますね。

また、車に乗っていたのが若い男性4人と、女子中学生1人というのも気になることろです。事故があった時間も深夜の1時ごろですし、3連休とは言え、そんな時間帯に女子中学生が外出などしているものなのでしょうか?

 

 

今回の事故とは直接関係のないところですが、やはりこの5人の関係性や女子中学生の素行や家庭環境などは気になってしまいますね。

 

9月15日福山市柳津町事故 世間の声