ソープランド「バカラ」が摘発される!暴力団の資金源になっていた可能性も。

2019年9月18日、福岡県警は、売春を行う場所を提供し営業したとして、「売春防止法違反(場所提供)」の疑いで、北九州市小倉北区船頭町のソープランド「マンゾクプラザ小倉 バカラ」経営者の男・56歳(北九州市若松区)と、「マンゾクプラザ小倉 バカラ」従業員の45~56歳の男女5人を逮捕したと発表した。

バカラでの売上金が暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べる。

 

バカラ経営者並びに従業員の逮捕容疑は2019年3~4月、同店と契約している女性が不特定の男性客を相手に売春することを知りながら、同店内の個室を売春行為の場所として提供し営業した疑い。なお、6人の認否は明らかにされていない。

 

また今回の摘発を受け「マンゾクプラザ小倉 バカラ」のホームページなどは既に削除されている模様。

 

 

福岡県警によると、同店は2006年11月に開業。5階建てのビルを構え、1・2階が店舗受付や客の待合室、3~5階に計24室の個室があり、それぞれの個室で売春行為が行われていた。マンゾクプラザ小倉バカラは北九州市で最大規模のソープランド、50名ほどの女性が在籍しかなりの人気店だったという。

 

ソープランド「バカラ」は小倉駅からすぐの好立地

 

 

ソープランド「マンゾクプラザ小倉バカラ」は小倉駅から100mほどの距離とかなりの好立地。在籍も50名ほどで個室も24部屋ということならば相当な金額が暴力団の資金源として流れていたと思われる。

 

マンゾクプラザ小倉バカラ ネットの声