二宮尊徳の生家に「ケンケイケイビ」といたずら書き…一体誰がこんなアホな真似を…

神奈川県小田原市の重要文化財に指定された建物に2日連続でいたずら書きの被害がありました。

 

 

今回被害を受けたのは、神奈川県指定の重要文化財になっている江戸時代の農村改革の指導者・二宮尊徳の生家です。小田原市の発表によりますと、9月20日の早朝、赤いスプレーで壁一面に「ケンケイケイビ」などと書かれているのを市の職員が見つけたということです。また、翌9月21日の朝も二宮尊徳の生家入口の木製の扉が壊されているのが見つかりました。

 

重要文化財において2日連続で被害が発生していることから、警察は悪質ないたずらとみて器物損壊容疑で捜査を開始しています。

 

 

いたずら書きされた二宮尊徳の生家の場所(住所)

 

〒250-0852 神奈川県小田原市栢山2064

二宮尊徳の生家いたずら書きの被害 ネットの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。