東北自動車道宇都宮インターチェンジ付近で衝突事故し炎上か 1人が焼死体

画像参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190929-00000000-ann-soci

 

9月28日、東北自動車道で乗用車2台が衝突し、炎上した車の中から1人が遺体で見つかりました。

 

 

警察の発表によりますと、9月28日午後7時半ごろ、東北自動車道下りの宇都宮インターチェンジ付近で乗用車が燃えていると110番通報があったとのこと。

駆けつけた消防により約40分後に火は消し止められましたが、炎上した車の中から1人が遺体で見つかりました。なお遺体については炎上による損傷が激しく、性別は分かっていません。

 

また現場ではもう1台、別の乗用車(クラウン?)が左車線側の防護柵に突っ込んでいて、この車を運転していたとみられる32歳の医師の男性と助手席の妻が胸を打撲するなどの軽傷です。2台は追い越し車線で衝突したとみられ、警察が事故の原因を調べています。