豊田市錦町2丁目事故 バイクの20代の男性が死亡

9月30日豊田市錦町事故

9月30日、愛知県豊田市でバイクと乗用車が衝突する事故がありました。この事故で、バイクを運転していた0代の男性が死亡しました。

 

9月30日午後2時すぎ、愛知県豊田市錦町2丁目の信号のある交差点で、直進してきたバイクと対向車線から右折しようとした乗用車が衝突。

この事故で、バイクを運転していた20代くらいの男性が駆けつけた救急により、病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

愛知県警察は、この事故について乗用車を運転していた豊田市の自営業・小林正男容疑者(69歳)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕。

小林容疑者は調べに対して、容疑を認めていて、警察は容疑を過失運転致死に切り替え、事故の原因を詳しく調べています。また、20代の男性の身元の確認も急がれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。