園児のピアスはやっぱり「なし」なのか?ネット上でも議論が繰り広げられる

園児のピアス

10月7日、yahooニュースで「園児のピアス」という、見慣れないワードを目にしました。

 

 

園児のピアス問題 概要

 

海外の風習であっても、保育園児のピアスは駄目なの? 神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に、西アフリカ出身の男性と国際結婚し、1歳の双子の女児を育てる兵庫県西宮市の女性(32)からそんな投稿が寄せられた。夫の母国では、女の子が生まれるとすぐにピアスをつけるという文化的な習慣がある。だが、入園を希望した認可保育園は安全確保を理由に「外さなければ通えない」と受け入れに条件を付けた。双方の主張、立場を取材した。(鈴木久仁子)

双子の娘は、父親と同じイスラム教徒(ムスリム)。女性は仕事に就くために今年4月から2人を保育園に預けることにしたが、入園式目前に園側から呼び出しを受けた。要件は「確認書」への押印。提示されたプリントには計6項目のチェック事項が並び、その一つにこうあった。

「ピアスそのほか装飾品は園外ではずし登園します。(中略)園内ではつけず、子どもが手に持ったり、他児が目につくようにはしません」

他にも、男女混在で着替えやシャワーをすること、豚由来の食べ物や製品に触れる場合もあること-などが記されていた。いずれもムスリムの習慣には反するが、最後には「保育については園の方針に従います」とあり、西宮市長あてに両親の押印を求めていた。

女性によると、夫の母国では、女の子は生後間もないうちにピアスをつける。「生きる証し」や「魔よけ」などの意味があるとされ、親の愛情を表現する大事な慣例という。

女性は園側に「全てこちらの習慣に合わせてほしいと望んでいるわけではない。ただ、ピアスには特別な意味があり、安全性にも問題はない」と訴えたが、受け入れられなかった。

結局、入園は辞退し、今は別の園に通う。そこでは給食の豚肉を取り除くなど一定の配慮はあるが、ピアスに関してはやはり不可。夫は「(ピアスの)穴が開いたままだと、子どもに良くないことが起きるのでは」と悲嘆しているという。

これに対し、西宮市保育事業課は「あくまで子どもの安全が第一。集団保育の中で、小さく、とがったピアスを他の園児が飲み込んでしまっては困る」と説明。海外との文化の違いについては「今後もできる範囲で対応したい」とする。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000001-kobenext-soci

 

大きな話題として「園児のピアス」が問題になっているようですが、他にも入園に際し「男女混在で着替えやシャワーをする」「豚由来の食べ物や製品に触れる場合もある」といったイスラム教徒の習慣には反する内容が6つ提示されたようです。

 

アフリカ以外にも、中南米やインド(ヒンズー教が主)でも乳幼児からピアスを開ける文化があります。

 

日本ではファッションとしてピアスをすることがほとんどだと思われますので、やはり日本人からすれば「園児のピアス」というのは違和感はあります。ということで、この話題には早くもネット上では大きな反応がありました。

 

園児のピアス ムスリム文化問題 ネットの反応

 

 

やはり、「安全性」の面から保育園を擁護する声が多いようです。また「郷に入れば郷に従え」という意見も多く見受けられました。

 

また下のコメント欄に皆さんの意見も残していただければと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。