JR篠栗駅トイレ放火犯は女子高生だった…動機が身勝手すぎ!名前や顔画像SNSをリサーチ中

JR篠栗駅前トイレ放火

 

10月7日夜、JR篠栗駅前の公衆トイレに火をつけ壊したとして、18歳の女子高校生が建造物損壊の疑いで緊急逮捕されました。

 

JR篠栗駅トイレ放火事件 概要

 

7日午後、篠栗町のJR篠栗駅にある女子トイレの壁などが焼ける火事がありました。
駅のトイレでは、9月に同様の被害が2件相次いでいて、警察が連続不審火とみて捜査しています。
7日午後2時ごろ、篠栗町のJR福北ゆたか線の篠栗駅で、「駅のトイレから黒煙が上がっている」と通行人から消防に通報がありました。
消防が駆けつけ、火はおよそ30分後に消し止められましたが、この火事で、女子トイレの壁の一部が焼けました。
けが人はありませんでした。
警察によりますと、トイレに設置されていた便座用クリーナーが激しく焼けていたということです。
篠栗駅の女子トイレでは、先月26日の夕方と30日の朝に、壁やトイレットペーパーが焼ける火事が相次いで起きています。
7日の火事も含め、いずれも火の気のない中で発生していることから、警察が連続不審火とみて捜査しています。

 

今回、付近の防犯カメラの映像などを解析したところ、この女子高校生が関与した疑いが強まったとして現場のトイレに立ち合わせ、10月7日午後7時50分に緊急逮捕されました。

 

JR篠栗駅トイレ放火で逮捕された女子高生の放火の動機

 

今回逮捕された女子高生は、JR篠栗駅前の女子トイレで便座クリーナーに火をつけ、壁や天井などを焼いて壊した疑いが持たれています。警察の調べに対し、3年の女子高校生は「イライラしてやった」と容疑を認めているということです。

 

イライラしたからといって放火なんてして良いはずがありません。あまりに身勝手な動機です。

 

なお、この女子トイレでは先月9月26日と30日にも不審火が起きていて、警察は女子高生のこの2件の不審火への関与も調べています。

 

JR篠栗駅トイレ放火で逮捕された女子高生プロフィール、名前、SNS、顔画像は不明

 

  • 名前 不明
  • 18歳 高校3年生
  • 糟屋郡篠栗町在住
  • 建造物損壊の疑いで逮捕
  • SNS、顔写真については判明していません

 

JR篠栗駅トイレ放火 女子高生を逮捕 みんなの反応