青砥橋クレーン事故【画像動画】バイクの男性が下敷きに、道路も完全閉鎖

青砥橋クレーン事故

 

10月9日夕方、東京都葛飾区にある環状7号線の青砥橋の上で、川で作業中のクレーンが倒れてオートバイが下敷きになる事故がありました。

 

 

警視庁の発表によりますと、10月9日午後6時半頃、中川で作業中のクレーン車が倒れ、環状7号線を通っていたオートバイがクレーン車の下敷きになったということです。この事故でオートバイを運転していた40代の男性が駆けつけた救急により病院に搬送されましたが、重症だということです。

 

クレーンは道路をふさぐような形でに倒れていて、付近は全面通行止めとなっています。警視庁が倒れた経緯などについて調べています。作業員は「バランスを崩して倒れてしまった」と説明しているということです。

 

クレーン車が倒れる事故があった葛飾区の青砥橋

 

10月9日午後6時半すぎ、葛飾区の中川で護岸工事中のクレーンが環状7号線の青砥橋の上に倒れました。

 

 

環状7号線葛飾区の青砥橋で事故 みんなの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。