坂本保短画像 JR池袋駅前刺傷事件の動機がヤバい、果物ナイフを常時持ち歩く?

10月11日夕方、東京のJR池袋駅西口交番近くで、27歳の男性を刃物で刺して殺害しようとしたとして、自称「坂本保短(49歳)」が逮捕されました。坂本保短容疑者はJR池袋駅近くの公園で男性を刺し、さらに逃げる男性を追い掛けて刺したとみられています。

 

 

 

坂本保短容疑者は10月11日午後4時すぎ、東京・豊島区のJR池袋駅西口交番近くで、持っていた果物ナイフのような刃物で27歳の男性を刺して殺そうとしたとして、現行犯逮捕されました。

 

警視庁の発表によりますと、坂本保短容疑者はJR池袋駅近くの公園で男性を刺した後、逃げた男性を10メートルほど追い掛け、さらに刺したとみられています。男性は駆けつけた救急により病院に運ばれ手当てを受けていますが重傷だということです。

 

坂本容疑者は男性を刺した理由について「ベンチに座っていたら、私の仕草をまねて、ニタニタしていたのでいらっとして刺した」と容疑を認めています。警視庁は引き続き詳しい経緯について調べています。

 

坂本保短 逮捕現場

 


 

坂本保短の逮捕現場は池袋駅西口交番前、最初に池袋駅西口近くの公園で27歳の男性を刺したということですが、この公園については不明。「池袋西口公園」から交番までは少し距離があります。

 

坂本保短 JR池袋駅前刺傷事件顔画像

 

少しぼんやりしてわかりにくいですが、JR池袋駅前刺傷事件の犯人、坂本保短の顔画像が出回っています。いらっとして果物ナイフで刺したということですが、そんな凶器を常に持ち歩いているということでしょうか…

 

JR池袋駅前刺傷事件 みんなの反応