館林競輪場事故 85歳の高齢ドライバーが急加速 3人がはねられ男性1人が死亡

館林場外競輪車券売場高齢ドライバー急加速

10月20日午前、群馬県館林市の場外競輪車券売り場で駐車しようとしていた高齢ドライバーの運転する軽自動車が急加速し、ベンチに座っていた男性3人をはねる事故があり、このうち1人が死亡しました。

 

 

 

警察の発表によりますと、10月20日午前9時半すぎ、群馬県の館林場外競輪車券売り場で高齢の男性が運転する軽自動車が駐車しようとしていたところ、何らかの原因で急加速して前方のベンチに座っていた成人の男性3人をはねたということです。

 

はねられた3人は駆けつけた救急により病院に搬送されましたが、その後1人の死亡が確認されました。2人は軽傷とみられています。また、軽自動車を運転していた高齢男性も病院へ搬送され、治療を受けているということです。警察は当時の状況などについて詳しく調べています。

 

館林競輪場高齢ドライバー事故の原因はアクセルとブレーキの踏み間違い?

 

高齢ドライバーの事故によくみられる、アクセルとブレーキの踏み間違いでしょうか、飲酒運転でしょうか。現状、事故を起こした軽自動車のドライバーも病院へ搬送され、治療を受けているということで、容態が回復次第、取り調べが始まるでしょう。

 

なお、事故を起こしたドライバーについても、今のところ名前は公表されておらず、85歳という情報しか確認できていません。

 

高齢ドライバーによる事故があった館林場外競輪車券売場

 

 

館林競輪場 高齢ドライバーによる死亡事故 みんなの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。