即位礼正殿の儀 安倍昭恵のミニスカ姿まとめ ドレスコード大失敗!変な袖もヤバい!

即位礼正殿の儀安倍昭恵ドレスコード

2019年10月22日天皇陛下の即位の礼の中心儀式「即位礼正殿の儀」が皇居・宮殿「松の間」で国の儀式として厳かにとり行われました。

この中で、儀式に出席していた総理夫人の安倍昭恵夫人の正装がかなり奇抜な格好であるとしてネットで叩かれまくっています。

 

即位礼正殿の儀 安倍昭恵夫人がドレスコードで大失敗

 

安倍昭恵夫人が選んだのは、「ひざ丈」のワンピースのドレスだった。また、ひじの位置から、袖がラッパのように大きく開いた個性的なドレスに、真珠のネックレスと高めのヒールという出で立ち。

 

 

通常、このような儀式であれば、女性は和装か、アフタヌーンドレスなどひざが完全に隠れるドレスで参加するのが一般的である。実際、画像にもある通り、当日儀式に参加した女性のほとんどが、着物かひざが完全に隠れたドレスという服装であった。

 

 

安倍昭恵夫人は椅子に座ると、完全にひざが露出するほどのスカート丈、これにはツイッター上ではドレスコード違反を指摘する声が多数挙がった。

 

安倍昭恵ミニスカ変な袖 場違いドレスコード批判殺到