白川郷火災【動画・画像まとめ】出火原因は配電盤の漏電か?

白川郷火災

 

世界遺産の合掌集落がある岐阜県白川村で火事がありました。小屋が燃えていて、今のところ、けが人はいないということです。

 

 

白川郷火災 概要

 

4日午後2時半ごろ、合掌造り集落がある岐阜県白川村の「白川郷」の駐車場内の小屋付近から火が出た。

県警や消防によると、けが人はいない模様で、現在も消火活動中だが、合掌集落への延焼の危険性はないという。

高山署によると、火災が発生したのは、白川村荻町にある村営せせらぎ公園駐車場内の木造の物置小屋付近で、小屋には配電盤などがあるという。合掌造り集落は庄川をはさんだ対岸にある。白川郷の合掌造り集落はユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録されている。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/17331792/

 

10月31にも首里城で火災があったところですが、今度は岐阜県の世界遺産「白川郷」で火災が発生しました。

火はすでに収まっているようですが相次ぐ世界遺産の火災に付近の住民からも不安の声が挙がっています。

 

白川郷火災の原因は?

 

白川郷火災の詳細な原因は発表されていませんが、火災が発生したのは、白川村荻町にある村営せせらぎ公園駐車場内の木造の物置小屋付近で、この小屋には配電盤などがあるということです。

 

この配電盤が漏電を起こし、火災が発生した可能性はあります。正確な火災の原因は数日間の間に発表されるかと思います。

 

白川郷火災動画まとめ(twitter)

 

 

白川郷火災画像まとめ(twitter)