常慶雅則・花岡藍 自宅フェイスブック特定【エアガン虐待・次男も病死・長男も虐待】「お兄ちゃんが撃った」とあり得ない供述

常慶雅則・藍顔画像

 

福岡県で幼児への虐待が起きてしまいました。当時1歳の三男に向けてエアガンを数十発発射しけがを負わせたとして、傷害の疑いで同県田川市、自営業「常慶雅則(じょうけいまさのり)容疑者」(24)と妻の無職「常慶藍(じょうけいあい)容疑者」(24)が逮捕されました。

 

 

常慶雅則・藍容疑者【エアガン虐待】概要

 

福岡県警は6日、昨年11月に当時1歳の三男に向けてエアガンを数十発発射しけがを負わせたとして、傷害の疑いで同県田川市、自営業常慶雅則容疑者(24)と妻の無職藍容疑者(24)を逮捕した。県警によると、三男は翌12月、肺炎で死亡しており、日常的な虐待の有無や死亡の経緯を慎重に捜査する。

2人は「撃ったことはない」と否認している。三男唯雅ちゃんの全身には、撃たれてできたとみられる傷が数十カ所あった。

逮捕容疑は昨年11月下旬、自宅でエアガンを発射してBB弾を唯雅ちゃんの体に命中させ、約3週間のけがを負わせた疑い。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000128-kyodonews-soci

 

常慶雅則容疑者(自営業)と妻の藍容疑者(無職)らは、2018年11月、当時1歳の三男唯雅ちゃんに向けてエアガンを発射し、約3週間のケガを負わせた疑いが持たれています。容疑については2人とも否定。

 

また、唯雅ちゃんは2018年12月に肺炎で亡くなっており、常慶雅則・藍容疑者らによる日常的な虐待があったものとみて捜査をしているということです。

 

真相はまだはっきりしていませんが、唯雅ちゃんの全身には、エアガンで撃たれてできたとみられる傷が数十カ所あったということ。夫の雅則容疑者が撃ったのか、妻の藍容疑者が撃ったのかも判明していませんが、夫婦揃って逮捕されていることから、両者ともに虐待に加担していた可能性は高いでしょう。そして、こういった日常的な虐待が唯雅ちゃんの死につながった可能性も高いと思われます。

 

それにしても1歳の赤ちゃんにエアガンを撃ち込むなんて、常人のできる行為ではありません。常慶雅則、藍容疑者ともに24歳という年齢で、亡くなった唯雅ちゃん含め子供が3人いるようですが(1人は既に他界)、「若さゆえ」で済まされるような問題ではありません。子供は親を選べない。こんな悪魔の元に生まれてきてしまった子供が不憫でなりません。あと2人の子供は大丈夫なのでしょうか?

 

もし今は大丈夫だとしても、将来的に自分たちの親が自分たちの兄弟を殺したという事実と向き合う日もやって来ます。その辛さは計り知れません。現在2人は、児童相談所に保護されているようですが、十分なメンタルケアが必要です。

 

常慶雅則・藍容疑者ら 様々な角度からエアガンを発射 古いあざも

 

常慶雅則・藍らの自宅から押収されたエアガンはライフル型で、連射機能が付いていたものも含まれていおり、弾の大きさは直径が6ミリ。これは唯雅くんの顔や全身に残されたあざの形状と一致するということです。

またこれらのあざは、至近距離から撃たれたものに加え、数メートル離れた場所から撃たれたものなどあり、さまざまな距離から撃たれたとみられています。さらに、あざの中には比較的古いものもあるなど、時期についてもばらつきがあるとみられるということです。

警察は2人が日常的にエアガンで撃つなど虐待を繰り返していた疑いもあるとみて捜査しています。

 

常慶雅則のあり得ない証言、まさかの長男になすりつけ!

 

読売新聞で続報が出ていました。

 

昨年11月にエアガンで三男(当時1歳)を撃ってけがを負わせたとして、福岡県警は6日、自営業の父親(24)と無職の母親(24)の両容疑者(いずれも福岡県田川市)を傷害容疑で逮捕した。三男は翌12月に肺感染症で死亡しており、県警は死亡の経緯についても慎重に捜査する。

発表では、両容疑者は昨年11月下旬頃、自宅で三男にエアガンを発射。BB弾と呼ばれるプラスチック弾を体に何度も命中させ、皮下出血を伴う約3週間のけがを負わせた疑い。2人は「エアガンで撃ったことはない。お互いに撃っているところも見たことはない」などと否認しているという。

昨年12月1日、母親が「息子が心肺停止の状態だ」と119番。三男は同県飯塚市の病院に搬送されたが、約1時間40分後に死亡が確認された。死因は肺感染症だったが、顔を含め全身に数十発のエアガンの弾痕とみられる傷痕があったことなどから、県警は、事件の可能性があるとみて捜査していた。

父親は県警の任意の調べに対し、三男の傷について「(三男の)お兄ちゃんが撃った」などと説明したが、長男は「撃っていない」と話しているという。自宅から複数のライフル型のエアガンが押収された。

両容疑者は当時、三男と3歳の長男、生後3か月の長女との5人暮らしだった。長男と長女は昨年12月以降、児童相談所に保護された。次男は2016年に病死しているという。

同県田川児童相談所によると、県警から昨年12月1日、「亡くなった子ども(三男)の体にあざがあり、虐待の疑いがある」と連絡を受けた。県警の要請もあり、長男と長女を保護したという。

また、長男については昨年1月、「頬が腫れている」との通報が児相に寄せられていた。職員が家庭訪問したが、母親が「遊んでいて壁に頬をぶつけた」などと説明。虐待の事実が確認できないとして、保護しなかったという。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20191106-OYT1T50311/

 

常慶雅則容疑者は警察の調べに対し容疑を否認し、あろうことか唯雅ちゃんの傷について「お兄ちゃん(長男)が撃った」などと話しているということ。そして、これに対し長男は「撃っていない」と話しているそうです。

 

もうこれは完全にあり得ないでしょう。まだ一発当たったくらいなら、長男が誤発射したということも考えられるかもしれませんが(それでもあり得ないですが)、唯雅ちゃんには顔を含め全身に数十発のエアガンの弾痕とみられる傷痕があったのですから… そもそも「自宅から複数のライフル型のエアガンが押収された」というのも、一般人からすれば意味不明です。

 

常慶雅則は、まだ3歳・4歳の子供、それも自分の子供に罪をなすりつけようとする、完全なる悪魔です!

 

常慶雅則の次男も2016年に病死、2019年に次女も誕生

 

唯雅ちゃんが死亡した当時、常慶雅則・藍容疑者らには唯雅ちゃん含め3人の子供がおり、5人家族であることが分かっていました。なんですが、実は2016年に次男も病死していたことが判明。

 

つまり事故当時は、

2018年11月の事故当時

  • 常慶雅則
  • 常慶藍
  • 3歳の長男
  • 1歳の唯雅ちゃん
  • 生後3ヶ月の長女
  • 次男(2016年死去)

の5人の家族構成であったということ。次男は生きていれば当時は2歳くらいになっていたのでしょう。

 

次男も病死ということですが、どうしても色々と勘ぐってしまいますね…

 

また、常慶雅則・藍容疑者ら家族は唯雅ちゃんが亡くなったときには5人家族でしたが、その後2019年7月には次女(0歳)も誕生しています。

 

全員、年子で5人兄弟って…

 

また後述していますが、常慶雅則・藍容疑者ら家族は、世帯収入が月収158,000円以下が入居条件の県営の集合団地に住んでいます。月収158,000円で無計画に子作りに励む夫婦って…どうなの?

 

常慶雅則・藍容疑者、長男にも虐待疑惑

 

常慶雅則・藍容疑者らの長男について、2018年1月「頬が腫れている」との通報が児相に寄せられていたということです。この通報を受け職員が家庭訪問したところ、藍容疑者が「遊んでいて壁に頬をぶつけた」などと説明。職員も虐待の事実が確認できないとして、保護しなかったという。

 

この虐待疑惑があったのが2018年1月ということですから、既に唯雅ちゃんも誕生している頃です。この頃には既に唯雅ちゃんに対する虐待もあったのでしょうか?また、長女への虐待も気になるところです。

 

こうなってくるとますます、次男への虐待疑惑や死亡との関係性も疑わしくなってきます。

 

この夫婦、相当ヤバくないですか?

 

長男が「パパ(常慶雅則)が撃った」と話す

 

 

常慶雅則・藍容疑者らは唯雅ちゃんをエアガンで撃ったことを否定するどころか、「お兄ちゃん(長男)が撃った」と話しているそうです。

 

これに対し長男(現在4歳)は「パパが撃った」と関係者に話しているそう。

 

クズヤンキーパパと4歳の男の子、どっちの言い分が正しいのでしょうかね?

 

常慶雅則・藍容疑者の顔画像公開

 

常慶雅則・藍顔画像

犬はめちゃめちゃ可愛がる

 

常慶雅則・藍容疑者の顔画像がFNNやJNNのサイトで公開されていました。本当に見た目で判断して申し訳ありませんが「そんなことをしそう」という印象しか受けません。これらがいつ頃撮られた写真なのかはわかりませんが、とてもまともな躾などできそうもありません。

 

と言いますか、躾以前に相当残酷な虐待をしていたわけですが…

 

常慶雅則・(旧姓:花岡)藍容疑者フェイスブック、ツイッター、インスタなどSNS

 

常慶雅則・藍容疑者についてフェイスブック・ツイッター・インスタなどを調べたところ、

  • 常慶雅則容疑者についてはフェイスブック、ツイッター
  • 常慶藍容疑者についてはフェイスブック

で、それらしきアカウントを発見することができました。

 

常慶雅則容疑者についてはFNNで報道されていた画像が、フェイスブックに投稿されていた「釣りを楽しむ画像」と一致していますので特定ということで良いでしょう。

 

常慶雅則フェイスブック

 

常慶雅則フェイスブック

 

↑2017年にとられた写真のようです

 

常慶雅則容疑者のフェイスブックでは、「釣りを楽しむプロフィール画像」の他、投稿には「だんじりに参加する姿」「学生時代に友人と写る姿」も。学生時代の常慶雅則容疑者はいわゆる「ヤンキー」そのものといった印象を受けました。興味があれば覗いてみてください。常慶雅則フェイスブック

 

常慶雅則のツイッターについてはアカウントは存在し、ヤンキー丸出しのプロフィール画像が確認できましたが、ツイートもリツートもされていませんでした。

 

常慶雅則のツイッター

 

そして、妻の藍容疑者のものと思われるフェイスブックについては、アカウントを作っただけ、という程度のものでしたが、住所が福岡県田川市という点は一致。こちらのページには早速、荒らしコメントも書き込まれていました。

 

また、常慶藍容疑者のフェイスブックアカウントについては「花岡藍」という旧姓のアカウントがあり、こちらのページではテレビ等で報道されている写真が投稿されていました。

 

常慶(花岡)藍ツイッター

花岡藍フェイスブック

 

花岡藍のフェイスブックに投稿されていた写真も「いかにも」といったもの。自慢のバイクもおそらく騒音を撒き散らすタイプのものだろうと思ってしまう。暴走族にも入っていたのでしょうか?常慶雅則容疑者と同じく「THE ヤンキー」といった印象しか受けませんね。

 

常慶藍のツイッターへの投稿

 

常慶藍のツイッターアカウントは特定できていませんが、その投稿内容が報道で公開されていました。

 

「今日もご機嫌 可愛すぎカ~」

「可愛すぎて罪 ずっとこんまんまでおってほしい~」

 

と、母親らしいツイートもしていた模様。

 

常慶雅則容疑者は女の子が欲しいために無計画に子作り?虐待動機と関係あるのかも…

 

ひとつ、常慶藍容疑者のツイッターで気になるツイートがありました。そのツイートでは、3人目の子供も男の子だと判明した後の雅則容疑者の様子について、

「ちなみに次も男ん子。ぱぱ、女ん子が良かったらしくショックうけてた。3人目とも男かよー」

と投稿されていたようです。

 

これは憶測でしかありませんが、常慶雅則・藍容疑者らが無計画に子作りをするのは、夫の常慶雅則が、どうしても女の子を欲しかったからなのかもしれません。さらに、長女が誕生したことで唯雅ちゃんに対する虐待も加速した可能性も考えられます。

 

なお、長女には虐待された跡は見られていません。

 

常慶雅則・藍容疑者が唯雅ちゃんにエアガンを撃った自宅特定

 

 

常慶雅則・藍容疑者が唯雅ちゃんにエアガン虐待をしていた自宅が特定されています。

 

住所は福岡県田川市大字伊加利1908-1で「田川中央団地県営住宅1000棟」という福岡県営の集合団地。

 

 

なお、こちらの集合団地は福岡県住宅供給公社が運営する住宅として知られており、世帯収入158,000円以下が入居条件。常慶雅則容疑者は自営業、藍容疑者は無職ということでしたが、子供も4人抱えて生活はかなり苦しかったのではないでしょうか?

 

子作りすることを否定はしませんが、月収158,000円以下でライフル銃もコレクションして子沢山って…避妊具使うのはイヤなの?

 

常慶雅則・藍容疑者 近所の評判も最悪!

 

 

近所の人は「子供の姿をほとんど見たことがない」と話をしています。子供が3人(4人)もいるのに、ずっと部屋に閉じ込められていたのでしょうか…

 

また別のご近所さんは…

 

常慶雅則・藍容疑者ら家族を見かけた当時を振り返り「『降りてこい』といって子供は踊り場で泣くんですよ」「温かい家族には見えない」「『いやー』みたいな感じでそれはみたことある」と話していました。

 

常慶雅則・藍容疑者 子供を放ったらかして2人でよく出掛けていた

 

警察の発表では、唯雅くんは、生まれてまもない時期に1度受診した以降は定期健診を受けておらず、病院に行くこともなかったということ。また、田川市も2人に定期健診を勧めようとしたものの、電話がつながらず訪問しても不在が続いていたということです。

また、近所の人の話では、常慶雅則・藍容疑者らは子どもたちを自宅に残したままたびたび外出していて、その度に住民が注意するなど、十分な育児をしていなかった疑いがあるということです。

 

この悪魔2人は子供を放ったらかして、外でセックスばっかりしてたのか?

 

常慶雅則・藍の虐待 児童相談所の失態

 

田川児童相談所によりますと、唯雅くんが死亡する前、母親の常慶藍容疑者と少なくとも2回面会していたが、当時は、長男への虐待が疑われていたため、三男の唯雅くんの様子は確認しなかったということ。

1回目の面会が行われたのは、2018年1月で、当時3歳の長男のほおが腫れているという通報を受けて職員が自宅を訪問。しかしこの時、藍容疑者が「遊んでいて壁にぶつかった」と話したことなどから、保護対応は行わず、見守りを続ける対応をとったということです。

そして2回目の面会は2018年5月。当時、長女を妊娠していた藍容疑者が妊婦検診を受けていないと、保健所から連絡を受け、児童相談所に呼んだということです。このとき、児童相談所は唯雅くんの存在について把握していたものの、藍容疑者が連れてきていた長男の様子を確認しただけで、唯雅くんへの虐待は疑わず、面会もしなかったということです。

これらの対応について、田川児童相談所の都田裕之所長は「虐待をうかがわせる通報も特になかったことから、唯雅くんについて特別に掘り下げて聞かなかった」と話しています。

 

常慶雅則・藍容疑者【エアガン虐待】ネットの声