11月7日金武町屋嘉事故 バイクの大湾璃樹さんと平得聖那さんが死亡

11月7日金武町屋嘉事故

画像参照元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191107/k10012167341000.html

 

11月7日午前2時5分ごろ、金武町屋嘉の国道329号線で、2人乗りのバイクが対向車線を越えてガードパイプに衝突する事故がありました。この事故で、バイクに乗っていた2人の男女が歩道と車道に投げ出され死亡しました。

 

石川署の発表によりますと、11月7日午前2時5分ごろ、金武町屋嘉の国道329号線でツーリング中の125ccバイクが対向車線を越えてガードパイプに衝突する事故がったということ。この事故でバイクに乗っていた大湾璃樹さん(17歳・宜野湾市我如古)と平得聖那さん(15歳・うるま市兼箇段)の2人が意識不明の状態となり、駆けつけた救急により本島中部の病院に搬送されたが、その後、大湾さんは7日午前4時16分、平得さんは7日午前5時10分にそれぞれ死亡が確認されたということです。

 

この夜、2人は別のバイク2台と計3台でツーリングしており、バイク3台は名護方面から石川方面へ縦列で走行。事故を起こしたバイクは真ん中を走っていた。事故現場からは、ブレーキ痕も見つかっていないという。なお、大湾さんは無免許でした。

 

同署は一緒にいた仲間に話しを聞くなどし、事故の詳しい原因を調べている。

 

11月7日金武町屋嘉事故 ネットの声

 

女子中学生(15)が午前2時とは普通ではないな。

バイクを運転していた17才の少年の家族
中学生の親御さんになんて詫びるやら。

沖縄で125のバイクでつるんで走る10代。
普段からどんな運転してるかが、容易に想像出来る。ご冥福お祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。