大植良太郎顔写真判明&特徴【東大阪逃走】現場は花園中央公園付近

大植良太郎

↑各種SNSで拡散お願いいたします。

 

地検などの発表によりますと、10月9日午前4時ごろ、東大阪市新町の路上で、覚せい剤取締法違反罪や大麻取締法違反罪で起訴されていた大植良太郎被告(42歳)が、護送中の車両から逃走したということです。大植良太郎被告は保釈が取り消され、大阪地検の職員が収容した後でした。

 

大阪府警の発表によると、大植良太郎被告は逃走時

大植良太郎の特徴

  • 身長171センチ
  • やせ形
  • 丸刈り
  • 逃走時は紺色のシャツ
  • 迷彩柄ズボン
  • はだし

だったということです。

 

迷彩柄などかなり目立ちますので、既に変装している可能性も十分に考えられます。

 

大植良太郎被告が逃走を図った場所

 

大植良太郎被告が逃走を図った場所は、東大阪市枚岡署から北に600mほどの「新町西」「新町」交差点付近と思われます。花園中央公園がある辺りです。

 

変装のために強盗や窃盗を繰り返す恐れがありますので、東大阪市新町付近の方は十分に注意をしてください。

先日も、岡崎公栄に逃走劇を図られるなど、もはやグルなんじゃないかとも思えてくるほど、大阪地検の失態が続きますね。

岡崎公栄顔恐い

岡崎公栄確保!【岸和田逃走動画】顔面ヤバない?【現場を特定】その左目ですぐバレるで!

2019年10月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。