相模原市緑区久保沢事故 乗用車の大学2年男子生徒が死亡

 

11月9日未明、相模原市緑区の県道で、ダンプカーが衝突する事故がありました。この事故で、乗用車を運転していた大学2年生の男子生徒(19歳)が死亡しました。

 

警察の発表によりますと、11月9日午前2時45分ごろ、相模原市緑区久保沢1丁目の県道48号線で、この近くに住む大学生2年生(19歳)の運転する乗用車と、東京都八王子市の自営業の男(70歳)のダンプカーが衝突したということです。

 

男子生徒は衝突により全身を強く打つなどし、病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。ダンプカーを運転していた男性にケガはありません。

 

津久井署によると、現場は片側1車線の道路で、緩やかな左カーブ。署はダンプカーを運転していた男性に話しを聞くなどし、詳しい事故原因を調べている。

 

11月9日事故現場となった相模原市緑区久保沢1丁目の県道

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。