山内弘和監督【開星高校】の体罰が時代錯誤過ぎる!野々村直通の腹切り発言の影響か

開成高校山内監督体罰

学校関係の不祥事が続きます。今度は野球の強豪校で知られる島根県の「開成高校」で監督による体罰問題が発覚しました。この開成高校の監督というのが「山内弘和監督」。

 

山内監督は練習や特訓というった範疇を超えた体罰に相当する無茶な練習を部員に課していたということです。

 

山内弘和監督【開星高校】による体罰問題 概要

 

強豪校が揺れている。春夏通じて13度の甲子園出場を誇る開星高校(島根)で、体罰問題が浮上していることが8日までに分かった。

秋季島根大会準々決勝・平田高校戦(平田愛宕山野球場)が行われた9月24日。開星は1―2で敗れ、来春甲子園出場を逃した。

「試合に敗れた直後でした。帰りのバスに乗ろうとした部員に対し、同校の山内弘和監督(44)が『学校まで走って帰れ!』と激しい口調で叱責。球場から学校までの約30キロの罰走を命じたのです。部員たちは宍道湖沿いの国道431号(通称・湖北線)を走って学校に向かった。試合に来ていた観客も含め、多くの人がその光景を見ています」(地元関係者)

全力で試合を戦い、体力、精神力を使い果たした直後の罰走。しかも、部員たちが走る国道431号は片側1車線の狭い道路で、歩道が途切れる箇所もある。この話を聞きつけた一部の保護者が、部員が交通事故に遭っては大変だと学校に問い合わせたうえで、自らの判断で車で駆けつけ、後ろから部員たちを見守ったという。

■罰走、素振り2000回

県内高校野球関係者の話。

「その後、学校は山内監督に連絡。事情を聴いたうえで、バスで部員を途中まで迎えに行くことにした。それで終わったかと思いきや、山内監督は学校に帰った後にも部員たちに2000スイングもの素振りを課した。さすがにやり過ぎたと感じたのか、数日後、山内監督は部員を集め、『決して腹を立ててやったことではない。夏に向け、頑張ってほしいという気持ちでやった』と釈明したそうです。学校内外では『これは体罰だ』と大騒ぎになり、地元マスコミも取材に動きました」

山内監督は「腹切り発言」で物議をかもした名将・野々村直通前監督の教え子で、コーチ、臨時監督を経て、2012年4月から正式に監督就任。春夏甲子園に3度導いている。しかし今年2月には部員への暴力行為による体罰で4カ月間の謹慎処分を受けた。今回の一件は、謹慎が解けた後のことだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000011-nkgendai-base&p=1

 

開成高校の山内監督は甲子園出場を逃した敗戦のあと、部員に対し

  • 試合終了後にも関わらず30kmものランニング
  • さらに、学校に着いてからも2000本の素振り

を命じていました。しかも、ランニングの指示については、試合に来ていた観客も含め、多くの人がその光景を見ている前での指示だったということで、その異様さが覗えます。

 

こういった無茶な指示を「体罰」だと認識していないからこそ、出来ることなのではないでしょうか?

 

また学校側からの指示で、30kmのランニングに関してはバスで迎えに行き中断されましたが、その直後にあろうことか素振り2000本の指示。もうここまでくると、教育でも指導でも特訓でもなくただの山内監督の腹いせのようにも思えてきます。

 

さらに、山内監督は2019年の2月にも野球部員に対して暴力を与え謹慎処分になっており、今回の体罰問題はこの謹慎が開けた後に起きています。

 

つまり、謹慎期間中に何一つ反省をしなかったということ。これでは退任要求を出されても仕方ありませんね。

 

また、2月に起こした暴力問題についても、暴力を受けた部員は部の主要部員で、山内監督から平手で叩かれ、その翌日に耳にガーゼをあてて学校に登校してきたということです。

 

さらに2018年の夏には、炎天下の中で試合前のノック練習を敢行したうえ、一塁手を執拗にノック対象とし、わざと外野へボールを取りに行かせたり、強烈な打球を何度もお見舞いするなどの、体罰やいじめに近い練習があったようです。

 

山内監督らの世代では何も思わなかったようなこと(山内監督の中の常識)は、もう今の教育の場では通じません。体育会系の部活だからといって見逃されるわけもないでしょう。

 

またチームの強化という面から見ても、試合後に30kmも走ったり、2000本のノックをしたりしても、効果はどうなのかな?という疑問もあります。

 

自分の感情だけで動いてしまうクソ監督は今の時代にそぐいません。もう、教育の現場に戻ってこないでください。

山内弘和監督【開星高校】の経歴・プロフィール

 

 

  • 名前:山内弘和
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:島根県松江市
  • 出身高校:開星高校
  • 出身大学:広島経済大学

 

山内監督は、高校3年の夏に甲子園に出場(1回戦)しています。卒業後は、広島経済大学に進学し、その後は建設会社に就職。

 

2007年から母校である開星高校野球部のコーチになり、2012年から野々村直通監督が退任するのでその後釜として監督に就任しています。

 

野々村直通前監督の腹切り発言「21世紀枠に負けて末代までの恥」

 

開成高校と言えば、野々村直通監督を思い出す方も多いでしょう。野々村直通監督は「腹切り発言」が有名です。

 

ちなみに、山内監督は野々村直通監督の教え子で、野々村直通監督が在任中に山内弘和氏がコーチとして在籍しています。

 

そんな、野々村直通監督ですが、2010年のセンバツで21世紀枠として出場の向陽高校(和歌山県)に2-1で破れたあとのインタビューにおいて

腹切り発言

「21世紀枠に負けて末代までの恥。腹を切りたい。もう野球をやめたいし、死にたい。」

(テキスト)

と発言し、物議を呼んでいました。

 

この後、野々村直通監督は責任をとって辞任(腹切り?)しています。また後に復帰しますが。

 

 

また野々村直通監督は、炎天下の中で行われる甲子園大会の試合や投手の投球数問題についても

野々村直通 問題発言

「暑い中、耐えて頑張っている高校野球球児を見たがっている。そこに感動する。暑さに耐えるのも教育」

などと発言。この考えは流石に老害呼ばわりされても仕方ありませんね。時代錯誤甚だしいです。

 

山内弘和監督【開星高校】体罰問題 ネットの声

 

甲子園を目指すとなれば、厳しい練習は必要でしょうし、監督はそのために効果的な指導、練習をするわけですよね。

しかし、負けた試合後に30キロ走らせること、その後2000回素振りさせることは本当に「効果的」だと思っているのでしょうか。
それが選手の能力を向上させるという信念があるといえるのでしょうか。

「腹立たしさではなく、頑張ってほしかったから」と部員に話したそうですが、結局どちらも自分の気持ちを押し付けただけですよね。

こういう指導の名を借りた行為が、選手や保護者を麻痺させ、それが昭和から令和になっても続いている現状。指導者の意識改革なくしてこの連鎖はなくならない。

もう40年近く前だが、僕も強豪と言われた高校の野球部員でした。当時ならこの監督の言動は当たり前。でも今は、世間がそれを許さない。特にSNS主体のネット社会となり、その真意が上手に伝わらず、結果だけが先走り非難の的に。選手達の体や心も僕らの頃とは変わり、今の指導が出来ない指導者は、もう一度指導法について学ぶべき。

私の息子は、小学校から大学まで野球をしていました。それぞれの時代に、それぞれの指導者がいました。確かに体罰もあり、人間性を疑う指導をされる方もおりました。小、中まではクラブチームで父兄も参加できる環境下でありましたから、なんとなく野球の世界観はつかめました。高校進学の際には、体験入部もして指導者からの説明を受け、本人の意思で決めさせました。子供にスポーツをさせる理由は、各家庭それぞれあるでしょうが、強豪校を選ぶには、それなり理由があってのことでしょう。私の息子には、それほどの能力はなかったので、甲子園をめざしている強豪校を選択しませんでしたが好きなスポーツを続けることで体験してほしいことがあったので大学まで応援してきました。学校側も指導者も『選ばれる指導』『選ばれる教育』でなければいけないし、選ぶ側はきちんと目的をはっきりさせて、『選ぶ責任』も必要だと思います。

悔しさをバネにしてという言葉があるし、敗北した悔しさを忘れないように厳しい罰練習を課すことはときには必要とは思う。しかし選手だけに課す罰はいけない。やるのであれば責任者である監督自身も一緒に走るべきだと思う。試合に敗けた原因は選手だけにあると考えた自体が一つのチームになっていない。監督がこんな考え方をしているようでは敗けて当然であると思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。