藤田善彦【富田林あおり工具殴打】顔写真(不鮮明)無茶な割り込みがトラブルの要因か?

藤田善彦顔画像

大阪富田林市であおり運転をしたうえ、被害者の頭を工具で殴ったとして、河内長野市に住む藤田善彦容疑者が逮捕されました。

 

 

藤田善彦【富田林】あおり工具殴打 概要

 

大阪府富田林市で先月、交通トラブルで男性の頭などを工具で殴ったとして男が逮捕されました。

大阪府河内長野市の会社員・藤田善彦容疑者(47)は先月16日、富田林市で41歳の男性の頭を金属製の工具で5、6発殴った疑いが持たれています。男性は頭の骨を折る重傷です。藤田容疑者は男性の車と交通トラブルになり、約500メートル執拗(しつよう)に追い掛けた後、男性を車から引きずり降ろしたとみられます。警察の調べに対し、藤田容疑者は「トラブルになったが、工具で殴っていない」と容疑を否認しています。

は先月16日、大阪府富田林市新家で車で交差点を曲がろうとして男性の車とトラブルになり、執拗に追いかけたうえ、金属製の工具で男性の頭を殴った疑いが持たれています。

 

 

あおり運転の事件が後を絶ちません。早く「あおり運転=免許取り消し」を適用して欲しいところです。

 

今回のあおり運転の主は藤田善彦容疑者。藤田容疑者はあおり運転するだけでは気が済まず、あおった後に持っていた金属製の工具で被害者の41歳の男性を殴ったということです。これは最早、あおり運転というより、殺人未遂案件ですね。

 

被害者の男性も頭の骨を折るなど重症だということですが、命に別状がなく不幸中の幸いでした。

 

藤田善彦容疑者があおり工具殴打事件を起こすきっかけとなった富田林市「新家」交差点

 

 

藤田善彦容疑者があおり運転を始めるきっかけとなった場所は富田林市の「新家」交差点。ここは国道309号線と国道170号線(外環状線)が高架で交わる交通量の多い交差点です。特に通勤・帰宅ラッシュ時には309号線側から170号線の側道に右折するレーンにおいて非常に長い渋滞が発生することで有名です。

 

被害者が藤田善彦容疑者の前に無理矢理割り込んだ可能性も

 

というように、この富田林市「新家交差点」は交通量が多い交差点ゆえ、特に帰宅ラッシュ時には右折レーンがかなり手前から混み合います。国道309線はこの付近は片側2車線道路なのですが、この渋滞により実質片側1車線道路になってしまうほど右折待ちの車が多く、上手く車線変更できていないと「右折したくてもできない」なんていうことも…

 

ですので今回のトラブルも、被害者がかなり信号近くになってから無理矢理右折レーンに割り込んだことがきっかけになった可能性は考えられます(決して、藤田善彦容疑者を擁護しているわけではありません)。

 

あおり運転事件が発生する度に議論される「煽られる方にも問題がある」という件。今回は交通マナーがあおり運転の一因になった可能性もあるでしょう。

 

まぁ、いくら割り込まれたところで普通の人はあおり運転したり、工具で殴りかかったりはしませんが…

 

藤田善彦顔画像判明(不鮮明)

 

今回のトラブルに発展した時、被害者がなんとかスマホで藤田善彦容疑者の車のナンバープレートや、藤田善彦容疑者自身を撮影していたようです。

 

藤田善彦顔画像

 

かなり不鮮明な画像しか公開されていません。雰囲気だけでもどうぞ。

 

藤田善彦」のプロフィール

 

名前:藤田善彦(ふじた・よしひこ)
年齢:47歳
職業:会社員(重機オペレーター)
住所:大阪府河内長野市北青葉台
容疑:殺人未遂

 

藤田善彦顔画像【富田林あおり工具殴打】みんなの反応