11月11日狭山市新狭山事故【ひき逃げ】介護士の中村快さんが死亡 犯人は確保

11月11月狭山市新狭山事故ひき逃げ

画像参照元:https://twitter.com/

 

11月11日未明、埼玉県狭山市の国道でバイクと乗用車が衝突する事故がありました。この事故でバイクを運転していた22歳の男性が死亡しました。

 

 

警察の発表によりますと11月11日午前0時20分頃、狭山市新狭山の国道16号線で走行中のバイクが乗用車に追突されたということです。

 

この事故で、バイクを運転していた川越市大袋新田の介護士、中村快さん(22歳)が病院に搬送されましたが、全身を強く打つなどしており、まもなく死亡が確認されました。

 

なお、バイクに追突した乗用車は、中村さんを救護することなく現場から立ち去っており、警察はひき逃げ事件として捜査を開始。立ち去った車は「紫っぽい乗用車」という後続の車の目撃情報などから現場から捜査をしていたところ、事故からおよそ1時間後、現場から1.8キロ離れた狭山市内で乗用車が止まっているのが見つかったということです。

 

この車に乗っていた運転手はケガをしているということで、警察は運転手の治療が済み次第、事故当時の状況などを聴くなどし経緯を調べることにしています。

 

11月11日狭山市新狭山ひき逃げ事件の事故現場

 

 

11月11日に起きたひき逃げ事件の発生場所は「狭山市新狭山2丁・と川越市南台1丁目」間の国道16号線です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。