八王子市宇津木町「龍光寺前交差点」散歩中の園児の列に軽トラック(WORLDVISION)が突っ込む事故

八王子市園児に軽トラック突っ込む

11月11日午前10時30分ごろ、東京都八王子市宇津木町の路上で、散歩中の幼い子どもの列に軽トラックが突っ込む事故がありました。この事故で、1歳から2歳の保育園児とみられる4人を含む7人がけがをしたとの情報が入ってきています。

 

 

警視庁の発表によりますと、11月11日午前、東京八王子市宇津木町の国道16号で、散歩していた保育園の園児らの列に軽自動車が突っ込んだということです。この事故で複数の園児が事故に巻き込まれてけがをしました。

 

現状入ってきている情報では、ケガをしたのは1歳から2歳の保育園児4人を含む7人。いずれもけがの程度は軽いとみられています。

 

八王子園児の列に突っ込んだ事故の原因は?

 

 

事故を起こした軽トラックのヘコみ具合から見ても、歩道の押しボタンがついた電信柱にぶつかっている可能性は高いでしょう。

 

詳細がわからないもので、ただの憶測にはなりますが、軽トラックは国道16号線を八王子インターチェンジ方向(南東方向)に向かって走行していたものと思われます。そしてよそ見運転、ながら運転をしてしまい、園児の列に突っ込こみ電柱に衝突して90度向きを変えて停車という流れでしょうか。

 

もしくは、アクセルとブレーキの踏み間違いから焦ってハンドル操作を誤った可能性も考えられます。

 

何れにしても憶測でしかありませんので、警察の発表を待ちましょう。

 

八王子園児の列に突っ込んだ軽トラックの運転手の名前や顔画像は未公表

 

今回、八王子市宇津木町で園児の列に突っ込んだ軽トラックの運転手についてはいまのところ、名前は公表されていません。

 

判明している情報は「60歳代」のドライバーということだけ。60歳代ということで「高齢ドライバー」と呼ぶにはまだ早いかもしれませんが、実際こうやった大きな事故を起こしているわけですから、名前は公表するべきでしょう。

 

事故の原因も定かではありませんが、「過労運転」やスマホを見ながらの「ながら運転」だとすれば「高齢」云々ということ異常にタチが悪いですし。

 

八王子園児の列に突っ込んだ軽トラックはどこの運送屋?

 

 

園児の列に突っ込んだ軽トラックのドア部分には「WORLD VISION」というロゴが描かれています。

 

「WORLD VISION」ホームページ

 

主に、世田谷区、調布市、狛江市、立川市、昭島市、日野、藤沢、茅ヶ崎、昭島市、八王子市、北区、板橋区、川越市、草加市、鶴見区、金沢区、厚木市、玉村町等で配送業をしている会社とのこと。

 

 

ちなみに、「シニア歓迎」とのことでした。

 

軽トラックが園児の列に突っ込んだ場所は「龍光寺前交差点」

 

軽トラックが園児の列に突っ込んだ場所は八王子市宇津木町の国道16号「龍光寺前交差点」です。事故現場付近は片側3車線の見通しの良い直線道路、普通に前を向いて走行していれば事故を起こす可能性は低いのではないでしょうか。

 

 

八王子市宇津木町 散歩中の園児の列に軽トラックが突っ込む事故 みんなの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。