沢尻エリカの大麻パーティー画像がヤバ過ぎる!2012年には薬物に手を染めていた?

11月16日、合成麻薬MDMAを所持していたとして女優の沢尻エリカ容疑者が緊急逮捕された。

 

沢尻エリカ容疑者については以前から薬物使用の疑いをかけられており、週刊文春が2012年、バルセロナでの大麻パーティーの現場写真を報じていた。

 

手を挙げノリノリのエリカ様。少しふくよかな印象も受ける。2枚めの写真では右手に「それらしきもの」を持つ姿も…5枚目に写る男性は「大麻インストラクター」と呼ばれるセルジオ氏、この男性が大麻を見せる画像が衝撃的だが、このセルジオ氏と沢尻エリカ容疑者が一緒に写る写真は一体…

 

「大麻インストラクター」のセルジオ氏

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/17391265/

 

「エリカはマリファナを回して吸うのが好き」

 

「エリカはマリファナを皆で回して吸うのが好きなんだ。自分の分はたいてい紙に巻いて吸うんだけど、そのやり方が女の子らしくて可愛いんだよ。キマってくると目が赤くなって、ニッコリ笑顔になった。大麻で狂うってことはなかったね。ただ、シャンパンと一緒にやったときは悪酔いして、よくソファーの上でぶっ倒れてたよ。朝方、何度も吐いたこともあった」

 

そう語るのは、仮にも人妻である沢尻と、昨年まで交際していたというスペイン人セルジオ。彼は現地では有名な「ドラッグの売人」であり、「エリカと会うときは毎回マリファナを吸った」と2012年に語っている。

このパーティーに参加したというスペイン人男性は「僕らも大麻をやったしエリカもジョイント(タバコに大麻を混ぜたもの)を吸ってたよ」と話す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。