お茶の水女子大学付属中【体罰】先生誰?生徒に足蹴りあばら骨折

11月20日、東京都文京区にあるお茶の水女子大学附属中学校で男性教諭による体罰があったことが発覚しました。

 

 

お茶の水女子大学付属中【体罰】生徒に足蹴り肋骨折 概要

 

お茶の水女子大学付属中学校(東京都文京区)の30代の男性教諭が、2年生の男子生徒に足で蹴る体罰を加えていたことが20日、関係者への取材で判明した。生徒はあばら骨を折る大けがをした。警視庁大塚署は傷害の疑いもあるとして教諭から任意で事情を聴いた。

関係者によると、教諭は9月中旬の放課後、校内で男子生徒を足で蹴った。学校は同月下旬に大塚署に相談した後、臨時保護者会で経緯を説明した。生徒は既に回復しているという。

捜査関係者によると、教諭は同署の聴取に対して生徒にけがをさせたことを認めているという。

お茶の水女子大の広報担当者は、教諭が現在は自宅謹慎中であることを明らかにしたうえで、「不適切な行為があったことは把握しているが、警察に話をしているので詳細は控えたい」としている。

同校には秋篠宮家の長男悠仁さま(13)が1年生として在籍している。4月には、工事業者を装った男が悠仁さまの教室の机の上に刃物を置いたとして、建造物侵入容疑で逮捕される事件があった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000000-mai-soci

 

関係者らの話しによると、お茶の水女子大学附属中学校で体罰があったのは2019年9月中旬の放課後。男性教諭が校内で男子生徒を足で蹴ったという。この暴力により、生徒はあばら骨を折る大けがを負っている。

 

学校は9月下旬に大塚署に相談後、臨時保護者会で経緯を説明した。現在、ケガを負った生徒は既に回復しているということ。

なお、男性教諭は同署の聴取に対して生徒にけがをさせたことを認めている。

 

お茶の水女子大学附属中学校体罰教師の名前は?

 

お茶の水女子大学附属中学校によると、男性教諭が現在、自宅謹慎中。また、「不適切な行為があったことは把握しているが、警察に話をしているので詳細は控えたい」としており、体罰を加えた男性教諭の名前は公表してません。

 

男性教諭による体罰があったお茶の水女子大学附属中学校

 

 

お茶の水女子大学附属中学校

 

お茶の水女子大学付属中学校は、東京都文京区大塚にある国立の中学校。通称「お茶中」と呼ばれている中学校です。

 

学校名 お茶の水女子大学附属中学校
所在地 〒112-8610東京都文京区大塚2-1-1
Tel 03-5978-5862(事務室)9:00~17:00

 

 

お茶の水女子大学付属中【体罰】生徒に足蹴りあばら骨折 みんなの反応