松元裕太顔写真恐すぎ【5000円欲しさにマッチポンプ!】火事があったら消防団を疑え!

 

2018年に鹿児島県の龍郷町にて、住宅など11棟が全半焼するなどした火事について、その原因は建設作業員による放火だったことが明らかになりました。この放火の疑いで逮捕された男の名前は松元裕太(まつもとゆうた)容疑者。

 

報道によれば、10年前から消防団員としても働いていたということ。実際、放火をした当時は消防団員として消火にもあたっていたようです。

 

松元裕太【消防団員が5000円欲しさに放火】概要

 

2018年7月、奄美大島の龍郷町で住宅などあわせて11棟が全焼した火事で、30歳の消防団員の男が25日、放火の疑いで逮捕されました。男は「消防団の出動手当がほしかった」と容疑を認めているということです。

現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、鹿児島県龍郷町嘉渡の建設作業員、松元裕太容疑者(30)です。

警察によりますと、松元容疑者は2018年7月19日午前2時ごろ、自宅近くの空き家に侵入し火をつけて、住宅などあわせて11棟と軽自動車1台を焼いた疑いが持たれています。

松元容疑者は地元の消防団に所属していて、警察の調べに対して「消防団の出動手当がほしかった」と容疑を認めているということです。

松元容疑者は第一発見者として自ら消防に通報し、消火活動にもあたっていたということです。

現場からおよそ100メートル離れた場所では、この火事の2日前にも住宅など7棟が焼ける火事が起きていて、松元容疑者は関与をほのめかす供述をしているということです。

なお、消防団の出動手当は1回あたり5000円です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000003-kts-l46

 

 

松元裕太容疑者が放火をしたのは2018年7月奄美黄島の龍郷町にて。松元裕太容疑者は、空き家に侵入し放火、住宅など11棟、軽自動車1台を焼いた疑いが持たれています。

 

松元裕太容疑者は自らが消防団員であるにも関わらず、

  • 自ら放火
  • 自ら第一発見者として通報
  • 自ら消防活動にも参加

と、自作自演で消防活動に参加。

 

そして、その理由が「消防団の出動手当がほしかった」というのですからアホ丸出しです。しかもその手当は5000円だということ。5000円欲しさに放火するなんて…しかも松元裕太容疑者は消防団員なのに…

 

また、2日前にも松元裕太容疑者が放火したと見られる住宅など7棟が焼ける火事が起きています。なお、松元裕太容疑者は空き家を狙っており、幸いにもけが人や死者は出ていないということです。

 

松元裕太(まつもとゆうた) 顔画像やプロフィール

 

 

 

いや、顔恐すぎるから…

 

名前 松元裕太(まつもとゆうた)
年齢  30歳
住所 龍郷町嘉渡
職業  建設作業員・消防団員
容疑  放火の疑い

 

放火罪について

 

ちなみに放火罪について調べてみました。放火罪は火を放つことで不特定多数の生命・身体・財産等を脅かす犯罪のことを指します。

 

また、放火した対象により罰則や罪の名前が異なるとのこと

  • 人のいる建物などへの放火は現住建造物等放火罪
  • 人のいない建物などへの放火は非現住建造物等放火罪
  • その他への放火は建造物等以外放火罪

実際は、放火の罪は、その被害や影響を考慮したうえで決定されるそう。

 

基本的に現住建造物等放火罪では死刑または無期もしくは5年以上の懲役と定められており、そのため、放火罪は殺人罪と同等の重さとされています。

 

今回の松元裕太容疑者は消防団員の出動手当5千円のために、殺人罪並みの罪を背負ったことになりますね。

 

松元裕太【消防団員が5000円欲しさに放火】みんなの反応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。