湯沢市田町事故 パトカーにはねられ女子高生が顔の骨を折る重傷

 

11月26日正午前、秋田県湯沢市で横断歩道を歩いていた高校3年の女子生徒が車にはねられる事故がありました。女子生徒は顔の骨を折るなど重傷を負っています。

 

湯沢警察署の発表によりますと、11月26日午前11時55分頃、秋田県湯沢市田町2丁目の交差点で、秋田県警湯沢警察署の男性警察官が運転する車が、横断歩道を歩いていた女子高校生(18歳)をはねたということです。女子生徒は病院に搬送されましたが、顔の骨を折るなどの重傷。男性警察官にケガはありませんでした。

 

 

事故当時、警察車両は緊急走行をしておらず、男性警察官が1人で乗っていた。現場には信号機があり、双方とも青だったということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。