名古屋市守山区事故 秋吉教道さんが車にはねられ死亡

11月26日夜、名古屋市守山区の国道で、71歳の男性が車にはねられる事故がありました。この事故で車にはねられた男性が死亡しました。

警察の発表によりますと、11月26日午後9時半過ぎ、名古屋市守山区森孝1丁目の信号のある交差点で、道路を横断中だった近くに住む無職・秋吉教道さん(71)が、走ってきた車にはねられたということです。

 

秋吉さ胸を強く打つなどしており、駆けつけた救急により病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。

 

警察はこの事故について、車を運転していた名古屋市北区の会社員・前田龍治容疑者(20)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕。容疑を過失運転致死に切り替え、事故の状況を詳しく調べています。

 

調べに対し前田容疑者は「人とぶつかる交通事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。