西九州自動車道事故 松本千明さんが死亡 高齢ドライバーがセンターラインはみ出し

 

11月30日夕方、佐賀県伊万里市の西九州自動車道で車同士が正面衝突する事故がありました。この事故で26歳の女性が死亡しました。

 

警察の発表によりますと、11月30日午後5時半ごろ、佐賀県伊万里市の西九州自動車道で南波多谷口ICと伊万里東府招ICの間で、乗用車と軽乗用車が正面衝突したということです。

 

この事故で、軽乗用車を運転していた長崎県佐世保市の松本千明さん(26歳)が頭などを強く打つなどし、駆けつけた救急により病院に搬送されましたが、およそ1時間半後に死亡しました。

 

 

警察はこの事故について、乗用車を運転していた長崎県佐世保市のアルバイト溝口扼男容疑者(76歳)を過失運転致傷の現行犯で逮捕。その後、容疑を過失運転致死に切り替え、事故の詳しい原因について調べています。

 

11月30日西九州自動車道 事故現場

 

11月30日に発生した事故の現場は西九州自動車道の西九州自動車道「南波多谷口IC」と「伊万里東府招IC」の間の区間になります。

 

 

現場は見通しのよい片側一車線の直線道路で、乗用車が何らかの原因で対向車線にはみ出したということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。