碧南市松江町事故【車が信号無視】葉山想介くん(11)が意識不明の重体

12月2日午後、碧南市の交差点で自転車で横断歩道を渡っていた小学5年生の男子児童が車にはねられる事故があり、この事故で男子児童が意識不明の重体となっています。

 

警察の発表によりますと、12月2日午後4時ごろ、愛知県碧南市松江町5丁目の信号のある交差点で、新川小学校に通う小学5年生の葉山想介くん(11歳)が自転車で横断歩道を南方向に向かって渡っていたところ、右から来た乗用車にはねられたということです。

 

想介くんはヘルメットを被っていましたが、頭を強く打つなどしており、意識不明の重体となっています。

 

警察はこの事故について、乗用車を運転していた刈谷市のパート従業員・吉田富査代容疑者(63歳)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。吉田容疑者は調べに対し、容疑を認めているということです。

 

事故を目撃した人の話によると「車側の信号が赤だった」ということで、警察は吉田容疑者の信号無視が事故の原因とみて調べています。

 

12月2日事故現場は碧南市松江町5丁目

 

 

事故現場は碧南市松江町5丁目の「松江町西交差点」になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。