三ツ本寛己顔写真判明【28歳で無職はヤバい】東久留米市二岡さん殺人事件 動機は怨恨?マザコン?

 

11月8日に東京都東久留米市の民家で、住人の会社員二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、警視庁田無署捜査本部は12月2日、強盗殺人容疑で二岡さんと内縁関係にある女性の次男、無職の「三ツ本寛己容疑者(28)」を逮捕した。三ツ本容疑者は「やっていません」と容疑を否認しているという。

 

捜査本部などによると、現場周辺の防犯カメラ映像などから、三ツ本容疑者が事件に関与した疑いが浮上。三ツ本容疑者宅を11月中に家宅捜索し、ナイフ10本程度を押収していた。

殺害された二岡さんの家の中は引き出しが開けられるなど荒らされた状態だったが、盗まれたものは確認されていなかった。三ツ本容疑者は二岡さん宅の合鍵を持っており、捜査本部は同容疑者が強盗を装った可能性もあるとみている。

 

三ツ本容疑者は容疑を否認しているそうですが、自宅からナイフ10本が見つかっている時点で異常者だと言えるでしょう。それに三ツ本容疑者は無職だということです。動機はまだ明らかになっていませんが二岡の刺し傷は70箇所以上もあったとのことですし、現場宅から金品も盗まれていないので、やはり怨恨の線が強いのではないでしょうか?もしくは、二岡さんに母親をとられたという歪んだマザコン感情があったのかもしれません。

 

三ツ本寛己【無職】顔写真

 

 

三ツ本容疑者の顔が判明しています。えらく堂々とした立ち振舞いでした。無職の人殺しなのに…

 

東久留米市下里強盗殺人事件 概要

 

8日、東京・東久留米市の住宅で50代くらいの男性が首や胸など十数か所を刃物で刺された状態で死亡しているのが見つかりました。部屋には、荒らされた跡が残っていて、警視庁は強盗殺人事件と見て捜査するとともに、男性の身元の確認を進めています。

8日午後1時半ごろ、東京・東久留米市下里の住宅で「玄関の窓が割れている」とこの家に住む女性の次男から警視庁に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、2階の寝室で50代くらいの男性が首や胸など十数か所を刃物で刺された状態で死亡していたということです。男性はベッドの上であおむけで倒れていて、衣服は着ていたということです。

警視庁によりますと、この家には通報した次男の母親と妹が住んでいましたが、今月2日から9日までの日程でイタリア旅行に行っていて不在だったということです。

この家には母親の知人男性が同居していて、8日午前11時半すぎに知人男性の勤務先から「男性が出勤してこない」と連絡があり、次男が確認に行ったところ事件が発覚したということです。

住宅の1階のリビングや2階の部屋の引き出しなどが開いていて、荒らされた跡が残されていて、警視庁は、強盗殺人事件と見て捜査するとともに、男性の身元の確認を進めています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191108/k10012169931000.html

 

 

東久留米市下里の住宅でこの家に住む二岡一浩さんが2階で血を流して死亡しているのが見つかりました。二岡さんには刃物で切られた痕があったということですが、当時、凶器とみられるものは見つかっていませんでした。

 

三ツ本容疑者からの通報を受け警察官が駆けつけたところ、2階の寝室で二岡さんが首や胸など十数か所を刃物で刺された状態で死亡していたということ。二岡さんはベッドの上であおむけで倒れていて、衣服は着ていたということです。

 

この家には、二岡さんと三ツ本容疑者の母親と妹が住んでいましたが、11月2日から9日までの日程でイタリア旅行に行っていて事件当時は家に不在だったということです。

 

 

 

また、二岡さんは首や胸など70ケ所近くも刺されており、その中には背中にまで達するものもあったことから、三ツ本容疑者の動機として怨恨の可能性が考えられます。

 

三ツ本容疑者は窓を加熱して割っている、偽装工作も念入り

 

 

犯人は1階リビングの窓ガラスから侵入したことが分かっていましたが、この窓ガラスは加熱して割られていたことがわかりました。

 

熱を加えてガラスを割ると飛び散る破片が少なくなり、衝撃音も小さくなるということです。三ツ本容疑者はかなり念入りに偽装工作していたことがわかります。

 

東久留米市下里 三ツ本容疑者は物取りの犯行を偽装

 

 

二岡さんの財布と財布が入っていたショルダーバッグが1階のリビングから見つかっています。この財布の中には紙幣を含む現金も入っており、財布が入っていたショルダーバッグについては開けられた形跡がなかったということ。

 

また、二岡さん宅は1,2階の居住スペースの大半が物が散乱するなどしており、荒らされた形跡こそ見受けられるものの、これまでになくなった物は確認されていないということです。血痕は2階寝室のベッド周辺からしか見つかっていません。

 

二岡一浩さんは午前0時ごろから明け方までに襲われた

 

 

二岡一浩さんが殺害された時間帯については午前0時ごろから明け方までに襲われたとみられることが分かりました。二岡さんはイタリアまで海外旅行に出かけて内縁の妻と午前0時ごろ、SNSでやり取りをしていたことが新たに分かったということです。このことから、二岡さんは明け方までに襲われたとみられています。またベッドの枕元からは二岡さんのものとみられるスマートフォンが見つかっています。

 

強盗殺人事件現場となった東久留米市下里2丁目の自宅

 



 

この真ん中に写る家が、殺人事件のあった二岡一浩さんの家です。

 

二岡さん一家はこの家で、内縁の妻(50歳代)と妻の長女(20代)と3人で暮らしていました。

 

三ツ本寛己逮捕 東久留米市二岡さん殺人事件 みんなの反応

 

家庭内の事は本当に色んな事情があるし、簡単に周りは自分の考えで決めつけちゃいけないと思う。父親が母親にDVしてたとしても母親は子供の為には平気だったり、父親を実際は愛してたりもあるし、それを見て育った子は父親をうらんだりもするし、家庭というのは本当に多種様々で、色んな物語があると思うよ?

一体、誰のために罪を犯したんでしょうか。
誰が得をする手筈だったんでしょうか。
いろいろ想像が巡ります。

次男は犯行を否認している。
逮捕した内容が知りたいたいと思う。
動機も謎だらけ。
この事件は続報をお願いします。

第一発見者であるという以外にどんな証拠があるのかも明らかでない(少なくとも記事には書かれていない)のに、報道機関はどのような判断で、否認している段階でも実名報道して良いと考えたのだろうか。

記者クラブに張り付いて警察の発表を右から左に垂れ流すだけなら、報道機関など必要ない。警察がツイッターで流せば済む話。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。