伊東市新井トンネル事故 大学生の小崎凌さんが死亡

 

12月3日未明、伊東市の国道で軽自動車とトラックが衝突する事故があり、この事故で軽自動車を運転していた大学生が死亡しました。

 

警察の発表によりますと、12月3日午前4時ごろ、静岡県伊東市新井の国道にあるトンネル内で、軽自動車と4tトラックが正面衝突したということです。

 

この事故で、軽自動車を運転していた東京都大田区に住む大学生・小崎凌さん(21歳)が、頭を強く打つなどし、駆けつけた救急により病院へ搬送されましたが、その後、病院で死亡が確認されました。トラックを運転していた神奈川県に住む52歳の男性は首を痛めるなど軽傷だというです。

 

警察は、どちらかがセンターラインをはみ出し衝突したとみて、事故の詳しい原因を調べています。

 

12月3日伊東市新井事故現場は「神浦トンネル」

 

事故現場は伊東市新井の国道135号線、神浦トンネル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。