白子町牛込事故【信号無視】佐久間敏博さんと前島勇樹さんが死亡

 

12月3日早朝、千葉県白子町で乗用車に原付バイクと自転車が衝突する事故があり、この事故で原付バイクと自転車に乗っていた男性2人が死亡しました。

 

 

警察の発表によりますと、12月3日午前5時半すぎ、千葉県白子町の交差点で、走っていた乗用車に右側から飛び出してきた原付バイクと自転車が衝突したということです。

 

 

この事故で、原付バイクと自転車に乗っていた佐久間敏博さん(24歳)と前島勇樹さん(31歳)が駆けつけた救急により病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 

現場は見通しの良い交差点で、当時、乗用車側の信号がが青だったということです。乗用車を運転していた45歳の男性は保釈されています。

 

12月3日白子町牛込事故現場

 

 

12月3日に白子町牛込で発生した事故の現場は「県道123号線」と「亀っこの道」が交わる信号のある交差点。南白亀小学校近くの交差点です。またすぐ近くには牛込駐在所もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。