豊見城市瀬長事故 バイクの男子高校生が死亡

画像参照元:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1036502.html

 

12月4日未明、豊見城市瀬長でバイクの事故がありました。この事故でバイクを運転していた男子高校生(17歳)が死亡しました。

 

警察の発表によりますと、12月4日午前1時50分ごろ、豊見城市瀬長の市道でバイクの単独事故があったということです。この事故でバイクを運転していた浦添市に住む男子高校生(17歳)が死亡。

 

男子高校生は歩道の縁石を乗り越えゲート支柱に衝突。頭から出血するなどし、心肺停止の状態で本島南部の病院へ搬送されましたが、4日3時56分に死亡が確認されました。

 

男子高校生はグループで瀬長島を訪れていたということです。

 

事故現場はゆるやかな左カーブ。ゲート手前付近の縁石にはバイクが接触した際についたと見られるタイヤの跡が残り、ゲートの鉄製の支柱が大きく損傷していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。