菊川市本所事故 小学1年の男の子が重傷

 

12月4日午後、菊川市で小学生が軽自動車にはねられる事故があり、この事故で小学生が重傷を負いました。

 

警察の発表によりますと、12月4日午後3時45分頃、静岡県菊川市本所の県道交差点で、横断歩道を渡っていた小学生1年生の男の子(7歳)が軽自動車にはねられたということです。

 

この事故で男の子(7歳)は足を強く打ち、重傷を負っています。

警察はこの事故について、軽自動車を運転していた無職の落合惠子容疑者(75歳)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

 

落合容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

事故現場は信号機のないT字路交差点。男の子はランドセルを背負っていて、他の2人の小学生とともに下校中だったとみられています。警察は目撃者から話を聴くなど当時の状況を詳しく調べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。