久留米市東合川町事故【山本将己さん死亡】バイクで歩道に乗り上げる

 

12月14日朝、久留米市の国道でバイクが転倒する事故があり、この事故でバイクに乗っていた21歳の男子大学生が死亡しました。

 


警察や消防の発表によりますと、12月14日午前8時ごろ、久留米市東合川町の国道で、バイクが歩道に乗り上げ転倒する事故があったということです。

 

この事故で、バイクを運転していた久留米市の大学生・山本将己さん(21歳)が頭などを強く打つなどし、意識不明の重体となり久留米市内の病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。

 

事故現場は片側2車線の緩やかなカーブの道路で、山本さんが運転するバイクは、何らかの理由で縁石に突っ込み、歩道に乗り上げたとみられています。警察は、現場の状況などから、単独事故の可能性が高いとみて、事故原因を詳しく調べています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。