滝川市江部乙町事故【吉川有亨さん死亡】道央自動車道を歩いていたところをはねられる

 

12月15日未明、滝川市で道央道を歩いて渡っていた大学生がトラックにはねられる事故があり、この事故で大学生の男性が死亡しました。

 

 

 

警察の発表によりますと、12月15日午前2時過ぎ、北海道滝川市江部乙町の道央自動車道を歩いていた男性がトラックにはねられる事故があったということです。この事故で小樽商科大学の吉川有亨さん(22歳)がトラックにはねられ、病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 

警察はこの事故について、トラックを運転していた旭川市の高坂正容疑者(54歳)を現行犯逮捕しました。

 

吉川さんは、旭川から友人が運転する車に乗って小樽に帰る途中に具合が悪くなり、車から降りて中央分離帯を越え対向車線を歩いているところをはねられたということです。事故当時は吹雪で視界が悪く、時速50キロに速度制限されていました。

 

12月15日事故があった滝川市江部乙町 道央自動車道

12月14日滝川市江部乙町事故 みんなの反応

 

どんな理由があろうと高速道路を歩く事自体間違っている、具合が悪いなら高速道路にある最寄りの電話から理由を説明して指示をあおげばいいこと。
分離帯を渡って歩く自体考えられない。
トラック運転手が迷惑だしかわいそう。

旭川で酒飲んだ帰りかな?午前2時に高速道路上を歩いてる奴なんて想像もつかない。吹雪で視界不良な状況ならどれほど危険な行為か子供でも理解できるはず。お酒でしょうね・・・。

過失犯には信頼の原則というのがあるが、このケースは該当するのではないでしょうか。
まさか深夜2時に吹雪で見通しの悪い高速道路上を人が歩いているとは思わないでしょう。
無罪にはならないかもしれないがかなり刑は軽くなると思います。
亡くなった方は自己責任とはいえお気の毒。
酔って具合が悪かったのだとしたら、
同乗者の責任が重いような気がします。

貴重な運転手がつぶされました。
運転手は情状酌量願いたいです。
そもそも、他の同乗者は車外に出るの止めなかったのか、高速道路は車外に出て道路上歩くなどもってのほか、車社会の北海道で大学生にもなってそんなことも解らないのか

どういうことかよくわからんが高速道路で降ろした仲間も罪に問われるべき。高速道路で降ろすなど正気の沙汰ではない。トラックドライバーは無罪だよ!

4 件のコメント

  • どんな理由であれ、亡くなった方を悪く言うのは間違っていると思います。その方の周りにも大事な家族の方や友人も多いと思います。
    ご冥福をお祈りいたします。

  • ニュースだけ見て批判は誰にでもできます。事実ホワイトアウトでなければ4トントラックの場合20mは見通しがつきます。ブレーキ跡はあるのか、どのくらいスピードがでていたのか、など
    命が亡くなっていますからドライバーに全く非がないと言うのは違うと思います。どちらも残念ですが…。ただニュースは適当なものです、家族や詳しく徴収する前に載りますから。事実は警察、その場にいた人間、ご遺族にしかわからないかと。ネットだとはいえ発言は慎重にするべきです。

  • 運転手さんだって家族がいて、子供がいて、友人がいて、周りにとって大事な人でしょう。
    どう見ても高速道路でウロウロしてる方に非があるわ。
    運転手さん、名前まで出て気の毒に

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。