神戸市灘区大石東町ひき逃げ【桑島知大逮捕】仲田錦弘さんが死亡

 

12月16日追記

※12月15日に神戸市灘区大石東町で発生したひき逃げ事件で桑島知大容疑者が逮捕されました。

 

 

15日、神戸市の国道で、歩いていた男性が車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、トラック運転手の男が、逮捕されました。

逮捕された兵庫県南あわじ市のトラック運転手、桑島知大容疑者(36)は、15日午前5時10分ごろ、灘区大石東町の国道43号線で、歩いていた男性をはねたにも関わらず、逃げた疑いなどがもたれています。

この事件で、西宮市に住む自営業の仲田錦弘さん(44)が、死亡しました。

警察によると、現場に残されていた破片が、桑島容疑者が乗っていたトラックのものと一致したということです。

桑島容疑者は、神戸から東大阪に荷物を届ける途中で、警察の調べに対し「ぶつかったが、人とは思わなかった、黒っぽいものに当たった」と話しています。

 

12月15日朝、神戸市灘区の国道で、男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。男性の体には、車にひかれたような跡があり、警察はひき逃げ事件とみて捜査を開始しています。

 

 

警察の発表によりますと、12月15日午前5時すぎ、神戸市灘区大石東町の国道で「路上に人が倒れている」とこの道路を通りかかった車両の運転手から警察に通報があったということです。

 

 

警察が駆けつけたところ、道路で倒れていたのは西宮市の自営業仲田錦弘さん(44歳)で、全身を強く打つなどしており、その後、病院で死亡が確認された。

 

仲田さんの体には、複数の箇所で骨折があるなど車両とぶつかったような痕跡があった。警察は、車かバイクが仲田さんをはね、そのまま走り去ったとみて、ひき逃げ事件として捜査している。

 

12月15日神戸市灘区大石東町ひき逃げ現場

 

 

12月15日、ひき逃げ事件があったのは神戸市灘区大石東町の国道43号線。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。