浜松市中区住吉事故 自転車に乗っていた城北小2年の男子児童が死亡

12月16日午後、浜松市でワゴン車と小学生が乗る自転車が衝突する事故があり、この事故で小学生の男子児童が死亡しました。

 

警察の発表によりますと、12月16日3時40分ごろ、静岡県浜松市中区住吉の市道交差点で、会社員の男性(56歳・中区龍禅寺町)のワゴン車と中区住吉に住む城北小学校2年の男子児童(8歳)の自転車が出合い頭に衝突する事故があったということです。この事故で男子児童は胸などを打っており病院へ搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 

事故現場は信号機のない交差点で、男子児童が進行してきた道路に一時停止の標識があったという。同署はワゴン車を運転していた男性に話を聞くなどし、事故の原因を調べている。

小さな自転車がいきなり脇道から飛び出してきたのかな。車側が速度も守っていたなら、もう避けようがなかったのか。車は細心の注意を払って…ってわかってはいるけど、優先道路走ってて横から飛び出されると厳しいな。

子供には自転車に乗る最低限のルールを耳がいたいほど叩き込まないといけないし、運転する自分も気を付けないといけないと思った。

亡くなられた男の子も親御さんも、加害者になってしまった運転手さんもお気の毒です。

まさか近くで悲しい事故が起きるなんて…私も同じ小2の息子が居ますが、低学年は一人で自転車乗ってはいけなくて親が居ないとダメだったような気がします。同じ市内の小学校ですが…。
最近は歩きでも自転車でも外に出ればいつ事故に繋がるかわかりません。自動車も危ないドライバーが多い中、気をつけるように言っても意味ないかもしれませんが、これ以上事故が増えないように今一度学校でも交通マナーなど徹底してほしいと思います!

小学2年生で1人で公道を自転車に乗るのは、一般的にはどの地域でもOKなのかな?
うちの地域はダメだから。

うちの校区は1人で自転車乗っていいのは四年生から。学校で自転車教習してくれる。
一年、二年ではまだ公道を自転車のスピードで安全に走るだけの注意力はないと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。