富良野市西学田二区事故【宮坂守逮捕】小田幸男さんが車にはねられ死亡

 

12月18日早朝、富良野市の道道で道路を歩いていた86歳の男性が乗用車にはねられる事故があり、この事故でこの男性が死亡しました。

 

 

警察の発表によりますと、12月18日午前6時頃、富良野市西学田二区の道道奈江富良野線で、近くに住む小田幸男さん(86歳)がうしろから来た乗用車にはねられる事故があったということです。

 

この事故で小田さんは全身を強く打つなどし、近くの病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

 

 

警察はこの事故について、乗用車を運転していた小学校教諭、宮坂守容疑者(52歳・富良野市北斗町)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕。宮坂容疑者は乗用車で交差点で右折待ちをしていた車を追い越した直後、車道の脇を歩いていた小田さんをはねたとみられるということで、「右折する車に気をとられて前をよく見ていなかった」と話しているということです。宮坂容疑者は旭川市内の小学校の教諭で、出勤する途中だったということです。

 

事故当時はまだ外は暗く、加えて弱い雨が降り路面は雪がとけてシャーベット状だったということで、警察は事故の状況を詳しく調べています。

 

12月18日富良野市西学田二区事故現場


 

12月18日早朝に起きた事故の現場は富良野市西学田二区の堂々759号線の信号のある交差点です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。