野田市木間ケ瀬事故【男子高校生死亡】伊藤博信逮捕 自転車とトラックが衝突

 

12月18日夜、千葉県野田市の交差点で、自転車とトラックが衝突する事故があり、この事故で自転車で道路を横断していた17歳の男子高校生が死亡しました。

 

 

警察の発表によりますと、12月18日午後6時10分ごろ、千葉県野田市木間ケ瀬の県道の交差点で、自転車に乗って道路を横断していた17歳の男子高校生(野田市)がトラックにはねられる事故があったということです。

 

 

この事故で男子高校生は頭を強く打つなどし、病院に搬送されましたが、およそ4時間半後に死亡しました。事故当時、男子高校生は横断歩道を渡っていたとみられています。

 

 

この事故について警察は、トラックを運転していた自称会社員、伊藤博信容疑者(46歳)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

 

警察の調べに対し伊藤容疑者は容疑を認めていて「自転車が飛び出してくるとは思わなかった」と話しているということです。

 

現場は県道と市道が交わる交差点で、信号機はなく、警察は、容疑を過失運転致死に切り替えて事故の原因を調べています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。