縣一さん死亡【長野市屋島】積荷パイプ落下事故 フロントガラスを突き破る

 

12月20日夜、長野市で走行中のトラックから崩れ落ちた金属製パイプが対向車のフロントガラスを突き破り、運転していた男性に当たる事故がありました。この事故で男性は意識不明の重体となっていましたが、12月21日午前、死亡が確認されました。

 

警察の発表によりますと、12月20日夜7時ごろ、長野市屋島の堤防道路で、中野市の建築業の男性(44)が運転するトラックから、積んでいた金属製のパイプ数十本が崩れ落ち、一部が対向してきたワンボックス車に当たる事故があったということです。

 

落下したパイプはワンボックス車のフロントガラスを突き破り、運転していた長野市の会社員・縣一さん(48)の頭を直撃。この事故で縣さんは意識不明の重体となっていましたが、21日午前11時過ぎ、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察はパイプがどのようにトラックに積まれていたかなど、事故原因を詳しく調べています。

 

積荷パイプ落下事故があったのは長野市屋島の千曲川堤防道路


12月20日、積荷パイプ落下事故があったのは長野市屋島の千曲川の横を走る堤防道路です。

 

 積荷パイプ落下事故を起こした容疑者の名前や勤務先は

 

12月20日に積荷パイプ落下事故を起こした容疑者の名前や顔写真、勤務先などの情報は公開されていません。

 

現時点で公開されている情報は「中野市の建築業の男性(44歳)」だということだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。