いなべ市大安町事故 古川結乃佳ちゃんが車にはねられ死亡

12月23日、いなべ市で、自転車で道路を渡っていた小学5年生の女子児童が車にはねられる事故があり、この事故で女子児童が意識不明の重体となっています。

 

警察の発表によりますと、12月23日午後3時半頃、三重県いなべ市大安町の信号のない交差点で、小学5年生の古川結乃佳(10)ちゃんが自転車で道路を横断中、乗用車にはねられる事故があったということです。

 

 

この事故で結乃佳ちゃんは頭などを強く打つなどしており、意識不明の重体で病院に搬送されましたが、その後死亡しました。結乃佳ちゃんは小学校の終業式が終わった後、妹ら3人で遊びに行く途中だったということです。

 

警察はこの事故について、車を運転していた男性(33)から話を聞き、事故の原因について詳しく調べています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。